ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ヴィジュアルリプレイ「今宵あなたとシナリオメイク」のテキストと格闘中の丹川です。
 魔法使いと言うと、30歳以上の童貞を意味する言葉として受け取るネットの住人も多いのですが、もちろん私がなりたいのはそんなものではありません。
 そうではなくて、自分の作った作品を読んだ/見た人が、驚いたり、笑ったり、熱くなったり、たまにはちょっと泣いたり。みんなの心を動かせる、そういう魔法を使えるようになりたいのです。

 第1話・第2話のテープを起こし終わった時点で、A4で75ページほどありました。
 あまりに長すぎるので、削って59ページまで減らしました。
 それでもまだ長く、読んでいて疲れるので、これを40ページ、できれば30ページまで削りたいのです。
 しかし、ここから削るのがなかなか難儀。
 長くて良くないと分かっているのに、どこも「説明上」大事に思えて、削れない。

 リプレイというのは、なまじ元になるテープ起こし文があるため、こいつをどうこうして作品を作ろうとしがちです。
 でも、本当に大事なのは、テープ起こし文そのものじゃない。
 
 
 テープ起こしをするのは、セッションやシナリオの中にある面白さを拾い出したいから。
 それは、テープ起こし文を短くすれば掘り起こせるかと言うと、そうじゃなかったりします。
 テープ起こし文と向き合う作業は、ともすれば近視眼的になりがちで、何を作りたくてその作業しているのかすら忘れてしまうことがあるのです。

 だから、「長すぎる。面白くない。でもどこも削れない」となった時は。
 一度、テープ起こし文を離れて、自分が何をしたいのかを唱えてみるのです。

 そう、私は魔法使いになりたい。
 私の作品を読んで、驚いて欲しい。
 笑って欲しい。
 熱くなって欲しい。
 たまにちょっと泣いて欲しい。

 そのためには?
 今の長さではダメだ。読んでいて疲れる。面白さのエッセンスだけを拾いたい。
 なぜ拾えない?
 それはリプレイの形式に表現が縛られているから。
 したい表現を、リプレイの形式にするのが正解。
 ならば?


 …どうやら、また道が見えてきたようです。
 さあ、続きと参りましょう。
 どこまで面白いものに仕上げられるか、まだ分かりません。
 それでも私はこう言います。
 「お楽しみに!」
 


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2011/05/05 21:58】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 さて、ゴールデンウィークですね。
 去年は仕事に振り回されていましたが、今年は余裕があるので、入社後初めての有給休暇とか取れました。
 飛び石でなく、10連休になりましたよ。
 まぁ、がっつり新刊制作ですが(笑)。

 新刊発表のメインターゲットを、夏コミからゲームマーケット春に移したことで、作品制作期間を半年ずつに均等化できたのは良いのですが…却って年中余裕がない感じになりますね(苦笑)。
 特にゴールデンウィークは同人制作以外考えられない人生になってしまいました。
 まあ、同人活動は楽しいからいいんですけど…
 
 
 twitterで呟いておりますが、現在、ヴィジュアルリプレイの第1話と第2話の分のテープ起こし中です。
 明日には終わりたいですねぇ。
 今の状況で、多分A4で80ページぐらい起こしているので、20ページぐらいに削らなきゃ(苦笑)。
 そしていつも上手くいかないパターンですね、これ。
 ううむ。
 削る予定のうち、20ページ分ぐらいを有料版では入れることにすれば、「ここは面白いから削りたくない」という部分も削れたりするのかなぁ…
 何にしろ、新しいことに挑戦している部分なので、テキストの推敲には随分悩むこと間違いなしなのです。
 ただ、先にラジデシナを書いていたことが、存外役に立ちそうな雰囲気です。
 作品を一つ完成させると言うことは、できない事が一つできるようになるってことなんだなぁ、と思ったり。
 

 それはさておき、以下、GWの予定など。
 ・M3行きます。同人音楽、すっかりはまっちゃいました…
 ・お世話になっている同人音楽サークルさんへの挨拶用に、同人名刺を新調しました。大学の後輩がデザインしてくれました。本人の野暮ったさからは想像つかないほどお洒落。ゲームマーケットでもペーパー代わりに配れるように持って行きますので、興味ある方は声かけて下さい。
 ・コミティアにカズヲ。が参加するようです。藤沢先生もゲストで何か描いているみたい。売り子手伝い予定です。

 では、皆様、良いGWを。
 仕事の方は、次の休暇に希望を託して…
 


追記を閉じる▲

【2011/04/30 03:14】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 仕事に邪魔されつつ(笑)、細々とテープ起こし継続中の丹川です。
 この土日も、来週の土日も仕事だったりしますけどね。
 あ、その次の三連休は「TRPG文華祭」にお邪魔する予定です。仕事が入らなければいいなー(汗)

 テープ起こし、まだまだ完成は遠いですが、起こしながら面白くなりそうな予感はしています。
 まあ、今のテープ起こしテキストのままではいまいちですが(笑)。
 余分なものが多く、必要な説明が抜けていますからねー。

 そういえば今更ながら、テープ起こしが全部PC内完結となりました(厳密にはmp3から起こすので、"テープ"起こしではないですが)。
 テープ起こし用ソフトとして有名な「Okoshiyasu2」を導入しまして。
 これが、噂に違わず使い易い奴なのです。
 キーボードから手を離さないで再生・停止・巻き戻しができるのが強いですねー。
 尚、PC内完結がようやく実現したのは、単純にリプレイを3年ぐらい書いてなかったからです!(苦笑)
 
 
 あと音楽かけないとテンションが上がりにくい私は、テープ起こし中に音楽が聞けないのが悩みの一つだったのですが。
 Okoshiyasu2でと同時に、音量を絞ってWindows Media Playerで音楽聴きながら作業するという暴挙に(笑)。
 でも特に聞き取りに支障ないですね。テープ起こしへの慣れのおかげ?
 (この悩みはヴィジュアルリプレイ制作の後半、BGM埋め込み後にまた訪れるのですが…テンション上げるために聞きたい曲と、テスト中に鳴っているBGMは割と違うのです・笑)

 来週はZABADAKの新譜が届くので、聞きながら作業できそうですね。嬉しいですね。
 


追記を閉じる▲

【2011/03/06 23:33】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 FC2のブログって、1ヶ月更新ないと広告表示されるようになったんですね。
 昔は3ヶ月とかだった気がしますが…世知辛いですねー。ちょっと忙しくなると広告表示されてしまいますね、これでは。

 ええと、いくつか書きかけの記事が放置されています(苦笑)。
 この間やったエンドブレイカーのGM絡みで、シナリオ作成のノウハウとか、思い出したこととか。
 気が乗ったら続きを書きます…

 それはそれとして、現在、6月のゲームマーケット2011に向け、ヴィジュアルリプレイのテープ起こし中です。
 まだまだ先は長いですねぇ…

【2011/02/28 00:30】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 twitterにはまりすぎてて、(主に原稿が)やばい丹川です。
 まあ収穫になる情報は入手できたりしているのですが。次の次の企画とかに役立つもので、当面は関係ないものばかりですが(苦笑)。
 …何か色々とすみません。

 さて、ようやくですがヴィジュアルリプレイDGM、デザインの仕様書を上げました。
 仕様書からFlashで作成とか、意味不明な状態です。
 それで73ページとか。もっと意味不明です。

 デザインしてもらいたいものの説明をするのに、「前作のキャプチャー取って切り貼りするなら、仕様書Flashで作って、前作のパーツはりつけた方が早くない?」と思っただけなんですけどね。
 実際は…あんまり早くなかったですかね(苦笑)。
 まあ、改造しやすくなったというメリットはあるかも知れません。次作でデザイン変える時とか、楽できると、良いですねぇ。(と思いながら、大して楽にならないのがいつものパターン)

 あと、1ページはヴィジュアルリプレイのページレイアウトでのものなので…約200文字ぐらいしかありません。A4の1/4ぐらいかなと。
 だから、「青の彼方」の仕様書の1/3ぐらいの分量で済みましたよ(というか、「青の彼方」の時が異常だったのですが)。


 さて、デザイン仕様書が上がってもやることは山積み。
 少し休んだら、次へと参りましょう。


 追伸:あ、受付確認ハガキによると、今回は書類不備じゃなかった模様です(笑)。


【2010/10/24 13:19】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 PolarBlueから出すヴィジュアルリプレイの第1作。
 「アリアンロッド・ヴィジュアルリプレイ DGM(仮)」の企画書と仕様書を書いています。
 前文がまとまったので、調子にのってアップしてみます(笑)。


「時代は変わる。
 僕らが最初のヴィジュアルリプレイを作っていた時、今みたいに動画リプレイが氾濫する世の中を、予想することが出来ただろうか?
 もはや、ヴィジュアルリプレイをただ作っただけでは、「何の変哲もない」と評される世の中になっているのだ。

 時代は変わる。
 動画リプレイ流行の起点が、僕らでなかった事は残念だ。
 けれど、僕らのアイディアは確かに優れたものであったと、みんなが証明してくれた。
 あの時、確かに僕らは革新的だったのだ。

 時代は変わる。
 さあ、前に進もう。
 僕らは時代の一歩前を行く、先進者なのだ。
 過去の手に入れ損なった栄光なんかどうでもいい。
 次なる時代の、新しいTRPGスタイルを創り出すんだ!」


 相変わらず、アジってます(笑)。
 でも、長い企画の第1歩ですので。
 ちょっとは燃える内容になっていないとね。
 冬コミまで完成は難しくなってしまいましたが、でも皆さんをびっくりさせるようなネタを仕込み中です。
 お楽しみに!
 

【2010/10/08 01:02】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 現在、絵師のスイレンさんとペアシナリオメイキングをしています。
 今度の日曜、出張の間隙のわずかな休みを縫ってセッションです。
 シナリオ作成率は95%ぐらいで、土曜日に最後の打ち合わせ&模擬戦闘をして完成予定です。

 気が付いてみると、もう7回打ち合わせをしています。
 最初の1回目はオフで顔を合わせて打ち合わせをしたのですが、なかなか両者の休みが合わなかったので、2回目以降はSkype+絵チャットで打ち合わせをしています。
 打ち合わせ時間の最頻値は3時間、平均は3時間半ぐらいでしょうか。
 合計で25時間ぐらい掛けていますので、長く感じるかも知れませんが、私のシナリオ作成の平均時間って軽く50時間を越えるので、半分ぐらいという効率の良さです(笑)。
 だいたい長くかかる骨格を決める部分がスムーズに行き、存外あっさり決めていくデーター部分が一人で作る時より倍ぐらい時間かかっています。
 まあスイレンさんは今回初GMなので、様式化されている部分に不慣れなのは致し方ないでしょう。
 
 
 
 ペアシナリオメイクの先達が、「経験の浅いGMとペアメイクするのは、結構勉強になる」と言っていましたが、その通りでしたね。
 まだセッション前なので詳細は書けませんが、「無意識にやらない形」ってのがあるんですね。自分一人ではあまり広がらない方向にシナリオが広がって行くのが面白いですよ。
 気が付いたら動物満載の、血の気と癒し充実のシナリオになっていました。
 
 複数人でシナリオ作るってのが、結構楽しいんですよ。
 一人で作っている時に感じがちな「手詰まり感」をあまり感じない。共同で何かを作るのが楽しい。孤独感を感じない。
 これ、個性的なスタイルを持つ人と組むのが面白いんですよ。
 壬生、ヒロポンⅡ、げし君、しらたきさん、ジョン先生、Milk嬢、この辺とペアメイクするとなんか凄い楽しそう。
 今回、「とりあえずペアメイクやってみるか」というスタンスだったのですが。
 「今宵、あなたとペアシナリオメイク」とか銘打って、シリーズ化したくなってきました(笑)。
 将来的に考えていきましょう。
 
 とりあえず、日曜日が楽しみですよ。
 


追記を閉じる▲

【2010/09/23 01:05】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。