ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 出張から帰って来ました。予定より随分早く。
 東京は暑い!

 さて。
 突如、制作途中のヴィジュアルリプレイ、詰まっていた部分の解決方法に思い至り、帰りの新幹線でちょっと手直ししてみました。
 その過程で、XMLクラスのattributesの意味を初めて理解しました。
 以前からあまりに意味不明だったので、理解してちょっと感激しました(笑)。
 あ、AS2.0の話ですのでご注意を。

 簡単に言うと、「配列」と「結合配列」は違うものだ、と言う点に尽きるのですが。
 attributesは「結合配列」を返すもので、「配列」を返すものではなかったのですね。
 これを混同していたため、XMLの属性をattributesすると、普通の配列を吐き出すものだとばっかり思っていました。
 「あれ? なんでArrayにコピーできないんだ?」とか「なんでエレメントにアクセスしようとするとundefinedなんだ?」とか。
 手元の参考書が、XMLクラスについてあまり解説していないのも、原因の一つですが(苦笑)。
 良く分からないヘルプと睨めっこしながら弄繰り回していましたが、参考書探した方が早かったですね。
 
 
 ヴィジュアルリプレイでスクリプターがいつも頭を悩ませるのは、「ページが順番に再生されるとは限らない」ことです。
 例えば、3ページ目でダイスアニメがあって、6ページ目まで表示されて、7ページ目に消えるとします。
 普通に作ると、ダイスアニメの関数を3ページ目に実行して、7ページ目に消す関数を実行するように作ってしまうのですが。(Flashはタイムラインがあるせいで、余計そうなりがち?)
 これを5ページ目でセーブして、5ページ目から再開するとどうなるのか。
 5ページ目にはダイスアニメに関係する命令は何も書かれていないので、何も表示されないんですね。
 でもXMLに、ページごとにダイスアニメの命令を書くのは大変な訳です。
 ダイスアニメが一つだけならいいですけど、戦闘中なんか、確率図アニメ4つにダイスアニメ3つとか平気で同時表示されてますからね。それが10ページ表示されっぱなしなんてザラな訳で。コピペとは言え、70個もタグ書くんですよ。
 その上で、後から間違いがあったことに気がついて、修正する必要があったら?
 …どうでしょう、うんざりしませんか?

 なので、XMLには開始点と終了点を書くのみに留めて、その間、必要な情報をセーブデーターに書き込むようにしたい訳です。ロードした時に、セーブされた情報を元に再現する訳ですね。
 その情報をどう受け渡して、保存して再現するか。ってところで、attributesに躓いていた訳です。

 XMLの属性に必要な情報が全て入っていれば良かったのですが、

 <dice type="dice">

 とかやるのはメンドクサイじゃあないですか。
 でも、今の例でtype属性をなくした上で、属性をattributesしただけだと、ノードの名前(この場合、dice)が入らないのですね。
 それで「配列を返すなら、ノード名をその配列に追加すれば簡単じゃないか」って罠だった訳です。

 ノード名以外にも必要な情報が色々とあったので、結局、ノードそのままの形で値をやりとり(セーブ含む)し、必要とする時にattributesすることにしました。

 …今思い出しましたけど、もともとArrayで書いていたスクリプトを、途中からXML対応に改造することになったので、「attributesで配列が返るなら、改造が最小限で済むからいいね」とか考えたような気もします。
 全部XMLに直すとなると、それは割と手間で…まあ、もう直しちゃったからどうでもいいんですけどね(笑)。
 




追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/07/09 00:34】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
 イーモバイルの端末用にmicroSDカードを買ったのですが、ついでに携帯でも利用できないかと思って、とりあえずmp3を入れて試してみたのですが…
 何度やっても上手く行きません。
 しかもネットから携帯にダウンロードしたファイル(著作権保護なし)もSDカードに移せません。
 おかしいなぁ…と調べてみたら。

 ・使用しているmicroSDカードが非対応のもの(容量も種類も)。
 ・そしてmp3の再生ができない(もしくはmicroSDカードからmp3の再生ができない)

 という事だったみたいです。 
 残念。

 しかし機種ごとの対応表(非公式?)を見てみると…
 最近の主流機種、これでOKってのはないんですね。DOCOMOだと902iとかまだ使っている人が結構いそうですよね。
 とりあえずファイル形式はAACにした方が良いみたいですが…(iTuneで変換できます)
 機種によってはmicroでなくminiのSDでないとダメなんですね。
 
 

【2009/10/18 23:21】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
 ちょっと色々と煮詰まった感じだったので、以前から気になっていた「UWSC」というソフトをいじくってみることにしました。
 登録した動作に従って自動的な処理をしてくれるソフトです。
 PC内にある資料をこいつで自動的に解析して、結果を集計してくれるようにしよう…とか目論んでいるんですが…
 なかなか思い通りに動かすのが難しいですね。

 マウスとキーボードの動きを記録して、それを再現してくれる機能があるのですが、画面内の座標で再現をするので、肝心のウィンドウの位置や大きさが変わってしまうと再現できないと言う…(苦笑)。
 ショートカットキーから画面を最大化するとか、そうやって画面を「固定化」する動きを入れるのがコツっぽいです。
 またスクリプトを組むことができて、そこから操作もできるのですが…こちらもなかなか思い通りにできません。
 ヘルプとかサンプルもあまり詳しくは書いてないですしね。他のスクリプトの経験が無い人には相当難しいかも知れません。
 例を無視して、きちんとパスを通しなおしたら、ようやく目的のファイルを開くところまでできるようになりました(苦笑)。
 まあ上手く使えるようになるとかなり楽なので、それを目指して頑張りますか。
 (…ってそれって気晴らしなのかな…?)

【2009/10/12 22:56】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
 このところ、ブログに設置してある拍手(ブログ拍手の方)の動作が変です。
 誰もアクセスしていない時間帯に拍手が入っているとか。
 明らかに「その記事に拍手来るわけないだろう」という記事ばかり拍手が来たり。
 拍手を貰ったと通知が来ながら、記事に表示されている拍手ボタンのカウントは増えていなかったり。
 あまりに異常な行動が続くので、fc2に問い合わせてみたところ。

 「検索サイトや大学の研究用のクロールボットのアクセスで、拍手がカウントされることがあります」

 との返答が。

 …ってことは、あれですか。拍手の半数はボットですか。
 
 
 
 ブログ拍手の異常はここ数ヶ月の間で起こっているのですけれども、この間、ping送信をするようにしたり、RSS登録サイトに登録したりもしました。自動的に巡回するボットに、分かり易い目印をバラまいたようなものかも知れません。お行儀の良くないボットも集まってくるようになった可能性もあります。
 設置しているアクセス解析は、原則としてボットをカウントしない仕様みたいです。なので、誰もアクセスしていない時間に拍手が入ることに、一応説明がつきます。

 しかしそれにしても、(fc2の説明の通りだとすると)入った拍手の半分がボットって言うのは…なんか悲しいですよね(苦笑)。
 fc2が改善してくれることを願います。


追記を閉じる▲

【2009/06/04 22:53】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
 今までも時々、FireFoxの話とかちらほら書いて来ましたが…ソフトウェアやウェブ技術に関係する話を「ワイヤードアーム」というカテゴリに切り出すことにしました。
 とは言っても、作品作りに関係する話題は原則的に「天地未だ形れざる時」に書くような気がするので、あまり記事は増えないかも。
 そろそろカテゴリ分類でなくタグ分類に切り替えるべきなのでしょうか…


 で、FireFoxの話。
 普及率No.2のFireFoxの最大の泣き所は、やはり「IEのみに対応」しているサイトの存在です。
 どうしてもFireFoxだと(まあOperaでもそうなんですが)正常に見れないサイトがあります。
 動作確認が面倒で「IEのみ」と言っているサイトは大抵問題ないのですが、サイトの重要なサービスにJScriptなんかを使っている場合には大抵お手上げです。
 仕方がないのでIEを使うのですが、マウスジェスチャーは使えないし、不安定だし、速度遅いし、と色々と窮屈な思いをしてしまうのは否めません。
 が。
 そこはFierFox。
 なんとも素敵なアドオンがあったことを今日知りました。
 その名も「IE Tab」。
 FireFoxの中で、IEを開くことができる一見すると意味不明なアドオンです。
 
 メモリを大量に消費してそうな気配ですが(笑)、どうせIEを立ち上げるときは既にFireFoxが起動済みであることが大半なので、実際は大差ないかと。
 IEでしか動かないページ以外はFierFoxのまま閲覧できるので、IE7のもたつきがあまり気になりません。何よりファイアジェスチャーが使えるのが嬉しい。すみません、使えませんでした。あれ、最初からそうでしたっけ?
 ヴィジュアルリプレイやPolarBlueのサイトなどでIEからの見え方をチェックするのも楽に行えます。
 こんな便利なアドオンがあったなんて。もっと早く気付けば良かったですね。


追記を閉じる▲

【2009/02/21 23:20】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
 爆速になったとテレビCMでアピールしていたFireFox3.0。
 確かに導入当時は動作が速くて、2.0に戻ることはもちろん、IE7.0なんか使う気になれないぐらい快適でしたが。
 最近、徐々に重くなって来たように感じます。アドオンが徐々に増えてきたせいですかねぇ…。
 要らなさそうなアドオンを無効にしてみて、それで不便を感じなかったら削除、ということを最近始めたのですが…
 でも、便利そうなアドオンは結構あって、結局増加傾向だったりするのです。
 ファイアージェスチャーなんかはそれなりに重そうな気がするのですが、一度使うと二度と手放せないのがファイアージェスチャーの恐ろしいところ。
 だってマウスをドラッグするだけで、前のページに戻ったり、リンクを新しいタブで開いたりできるんですよ。メニューからコマンドを選択する必要も、キーボードを押す必要もなし。だらっとウェブを見たい時には最高です。
 今日も選択した範囲内のリンク先を全てダウンロードできる強力なアドオンを入れてしまったし。ウェブの資料集めにこれほど重宝する機能もまたありません。
 少しぐらい重いのは我慢すべきですか…

【2009/01/19 01:23】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。