ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 攻殻の1stシーズンを見終わったら、DVDを貸してくれた友人からマクロス・ゼロが来ました(笑)。
 マクロスって小さいころにファーストシリーズを再放送でつまみ見たぐらいで、ほとんど見てないなぁ…と思いつつ、見てみたら。
 やられました。
 まさかアニメで実写映画に引けを取らないアクションシーンを見せつけられるとは思わなかったのです。
 アニメってどうも時間も人も金も足りない中で作ることが多いから、作画が崩壊したり、少ない線・簡素化された動き…って印象が(偏見?)強いのですが。
 そんな私の認識を覆す、恐ろしい迫力。
 
 最近、CGの普及で、確かに綺麗なアニメは増えた気がします。
 攻殻も綺麗なシーン沢山ありましたしね(特にオープニング)。
 でも、基本的に私は「絵の綺麗さ」をあまり評価しない人です。画面が汚くたって、昔のアニメでもゲームでも十二分に面白いものはある。
 第一の評価点は内容、特に演出と脚本。そういう評価基準の人間です。
 まあ綺麗な絵はそれはそれで嫌いではないのですが(ポストカードを買い漁ったりしますし)、アニメやゲームなんかの場合、「綺麗だね。だから?」という反応をするのです。
 大概の綺麗な作品は、綺麗さを作品から切り離すことができるような気がしているのです。(もしくは綺麗さ以外には何もないように感じたり)

 でも、マクロス・ゼロは違いましたね。
 絵の綺麗さが、そのまま画面の迫力と一体化しているのです。
 VFのスピード感そのままに、迸るように展開していく戦闘場面。しかし背景もユニットも美しく作りこまれているので、その1コマ1コマがとてつもない迫力を持つのです。重量感のある絵が、とてつもない速度で飛び回っている。その圧倒的な支配力!

 もちろん、その「迫力と一体化した美しさ」の片輪を為しているのは、監督の卓越した演出力なのだと思います。
 画面が面白い。
 観客に、脚本がどうのとか気にさせる余裕を与えない。
 だいたい「何が良かったのか良く説明できないんだけど、とにかくサイコーだった!」という作品ってのは、演出力の勝利だったりするのです。
 伝説級のベテランの仕事って、ここまで凄いものだったのか。
 今まで知らなくて損していたんじゃないでしょうか?
 「マクロスは外さない」っていう神話があるそうですけど、それも頷ける確かな力量があると思います。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/03/31 21:30】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
 ヴィジュアルリプレイのための試作スクリプト、BGMパート完成まであと少しのところで、見事にはまってしまいました……。
 BGMを再生するプラグインを選択できるようにする、ただそれだけの事だったのですが。
 スクリプトがかなり入り組んで来てしまっていて、うまく解きほぐせなかったのですよ。くぅ。
 平日の疲れを見事に引き摺ってしまっていたせいもあってか、つまらないミスも目立ったし。
 オンラインで動かしてみて不具合があったから修正したのですが、「あれ、改善されていない。何か間違えたかな」とスクリプトとにらめっこして…またアップするけれども、改善の兆しなし。しかも削ったはずの表示が残っているし。
 …実は修正はバックアップのファイルに一生懸命入れていて、アップしていたのは正規のファイルだったと言う…そりゃ、何度修正しても変化しないさ!
 原因に気がついた時には、思わずヘッドホンを投げつけて机につっぷしてしまいました。

 簡単そうだから後回しにしていたのですが、そもそもプラグインを書き出してからBGMを再生する訳ですので、そういう「基礎」的な部分は先に片付けておくべきなんだなぁ、と反省しきり。

 反省と言えば、「変数が0の時は何もしなくて、1になった時にフェードアウト」みたいなスクリプトを良く書くのですが(癖みたいなもの)、結果的にこれがバグの温床になるケースが多いみたいですね。
 多少めんどくさくても、「フェードアウトを実施したい時は、その関数を直接呼び出す」という形で書いた方が、安定してかつ分かり易いスクリプトになるみたいです。
 まあ、今から書き直す気はありませんが…次から気をつけましょう。
 JavaScriptはevalで渡した関数を実行できるんですけど、ActionScriptはできないのですかね?
 それができれば、引数で関数名を渡して、フェードアウト後に実施…という事ができるので、かなり楽にスクリプトが書けるのですが。
 (evalについては色々な人から色々なことを聞いたのだけれども、どうも断片的で、「え、そんな使い方ができるの?」と後でびっくりすることが何度かあるのです。結局のところ、どんな関数なんだろう…)

 あと、JavaScriptで苦戦している理由の一つに、良いデバックソフトを使っていない、というのがあるみたいです。
 Flash 2004MXの出力パネル、特に初心者にはかなり使いにくいと評判なんですけど、それでもJavaScriptをalertとコメントアウトで動作を確認しながら書くのに比べたら、遥かに楽ですね。
 FireFoxに備え付けのエラーコンソロールだけでも、あると助かる局面がありました。
 ちゃんとしたデバッカーを入れればもっと捗るに違いないのです。
 FireFoxだとFireDebugerが有名みたいですけど、使い方が分かっていないんですよね。良い解説サイト無いかな…


 どうでも良いですが、PolarBlueのアクセス数、三ヶ月間全く更新のないコルセックのサイトに5倍ぐらい負けています(苦笑)。
 確かに、TRPGやってる人には、スクリプトの話は興味ないよなぁ…とは思うのですが。
 まああれは生存報告みたいなものですかね。
 「そういや丹川幸樹ってどうなった?」って思い出して下さった人が覗いて、「なんだか良く分からないけど、活動してるみたいね」と分かればそれで良いかな。
 次回作の発表の時までは、そんな感じで地に潜っています。
 (…夏までにはテープ起しを終りたいですが。はてさて、どうなることやら)


追記を閉じる▲

【2009/03/29 20:11】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 突然ですが、「PolarBlueにマスコットキャラクターを作ろう!」企画が進行中です。
 トップに何かちっこいアニメーションを入れたかったのです。それならSDキャラを作ってアニメーションしようか、と。
 以前までは、そういう時に使える「からふるからすけ」というプチキラーコンテンツがあったのですが、今回は使いたくなかったのです。過去の遺産に過度に依存したくなかったので。もうヴィジュアルリプレイをひっぱって来てしまっていますから、これ以上はやりすぎな気がするのです。
 密かに指名した某イラストレーターさんが、今、キャラクター造詣に精を出してくれています。
 どんな絵に仕上がるか、お楽しみに~。

【2009/03/18 00:29】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 地球は本当は丸いのに、どうして皆、平らだと信じていたのか?
 鉛から金なんか作れる訳ないと我々は知っているけれども、どうして昔の人は錬金術を信じてそれを探求したのか。
 …私が学生時代に受けた科学史の講義によれば、それは「検証」の有無。
 誰も検証しなかったから、あるいは検証できなかったから。
 間違った通説が大手を振って社会を支配し、それから逃れることができなかったのです。
 何を真実と思うのかではなく、何が事実なのかを確かめる必要性。当たり前のことは本当に当たり前なのか? 世界は本当に木火土金水から成り立っているのか? 最初に混沌があったなど誰が見た?(だから春秋戦国ネタは分かる人いないって)

 …ちょっと大上段に構えすぎました(笑)。
 けどまあ、私が言いたいことはそんなような事なのです。
 そう、つまり、mixiのTRPGコミュニティの加入人数を調べて記事にしている方がいらっしゃいました。

 mixiのTRPGコミュの参加人数 (Stray thoughts

 こういう、ちゃんと数字を集めた記事ってのが、大事だと思うのです。
 書き手の主観だけでなく、客観的な根拠のある話。
 TRPGのコラムなんてものは主観に基づいて書いていると、どんなに特殊なことでも一般的な事象であるかのように主張することが可能です。
 世間的に特殊な事象を広く一般的に認知されている問題点であるかのように書き、それを元にTRPGが構造的な欠陥があるかのように訴える。
 でもそれって、他の人にとって何の価値もない文章になっているかも知れない訳ですね。
 脳みその垂れ流しでなくて、誰かにとって少しは役に立つ何かを書きたいと思っているのならば、時々は客観的なデーターを振り返って、自分の認識の検証を行うべきだと思うのです。

 あるいは、通説として広まっている話が、本当に正しいのかどうかを検証してみるのにも、データーは有効なはずです。
 そういう「検証」をしないと、皆が皆して間違った方向に一生懸命に走って行ってしまう危険性があるんですよ。
 だから世界は本当は平らなんだって。まさか世界が丸いなんてデマ、本気で信じているんじゃないだろうね?
 
 もちろん、発表されたデーターが本当に正しいのかどうか、それを検証することも大事です。
 レポートに書かれた文字列なんて改竄容易な訳で。複数の人間が後から同じ調査を行って、大差ない結果が得られる必要があるのです。(だから誰か、私のコミケレポートも集計して検証して)
 というわけで、私もmixiで、TRPGシステムコミュニティの上位3位が何か調査してみました。
 調査日は2009/01/15です。(……あれ、何かヘンですか?)

 1位 … ソードワールド 1881人
 2位 … アリアンロッド 1253人
 3位 … ダブルクロス  1180人

 実際にやってみると分かることって色々とあるものです。
 例えば、「ポリフォニカはどうしたんだよ?」とか。
 小説とTRPGコミュがどうやら一緒になっているようで、人数だけで言うならアリアンロッドより多い(笑)。
 mixiコミュニティ検索でTRPGで検索してみると(※「タイトルのみ」のチェックは外します。外さないとどうなるかは…まあ、試してみて下さい)、ポリフォニカのコミュニティがばっちりひっかかります。
 でも、それはikapon24さんは順位から除外していますし、私も外します。だってそれが妥当でしょう?


 ところで、mxiコミュニティの人数だけで見ると、アリアンロッドは旧ソードワールドに勝てていないですね。
 1989年――もう20年も前に発売されたシステムを、未だに超えることができていないというのも、恐ろしいことのような気がします。
 たとえ、コミュニティの加入者が「卒業組」が多いのだと仮定したとしても。いや、むしろ多いのだとすれば、余計に恐ろしいかも。

 実は、基本ルールブックの増刷数の比較なんかでも、状況は似たようなもののようです。
 増刷数で比較するのは、売上部数のデーターが分からないので、増刷数をある程度の目安として用いよう、と言う方法論です。(それとも主観で議論した方が有用ですか?)
 発売されている期間が違うので、現在の刷数での比較には意味がありません。同じ版になるまでかかった時間などで比較すると良いのではないかと考えています。
 第何版が何年何月と言ったきちんとしたデーターはないのですが、第10刷(ソードは第10版と名乗っていた模様)の発行年月日のデーターを一応、知ることができました。
 アリアンロッドが第10刷になるまで4年3ヶ月かかっているのに対し、ソードワールドは初版発行後1年3ヶ月で第10版に行ったようです。(ただし、検証不十分なので、あくまで参考程度に)
 増刷数が即売上部数を意味する訳ではないにしろ、mixiコミュのデーターはそう特殊なものでもなさそうです。


 データーを集めた議論っていうのは、「思っていたのと違った」という結果が出た方が楽しいですね。
 「ああ、世界って実はこういう姿をしていたんだ」って気がつく瞬間。
 でもそう認識した後に世界を見つめなおしてみると、今まで気がつかなかったことが色々と見つかったりするんですよね。
 もちろん、mixiのデーターにしろ、基本ルールブックの刷数にしろ、コミケの申込サークル数にしろ、コンベンションの開催数にしろ、それ一つでは一断面に過ぎないし、ある程度偏りがあるはずです。
 でもそういうデーターが色々と積みあがると、だんだん偏りが是正されて、実情にだいぶ近くなってくる。
 一つ一つは完全でなくても、色々なデーターが揃うことが大事だと思うのです。


 …というわけで、誰か、過去に設置されていたTRPG関係のサイトの数とか、過去のデーターを調べる方法を知りませんか? 1999年ごろまで遡れるとgoodですね。

 (追記:mixiのコミュニティの分析は、ikapon24さんより前に行われているという情報がありました。何人か分析している人がいるのは心強いですね)


追記を閉じる▲

【2009/03/13 00:41】 | トークRPG実験箱
トラックバック(0) |
 書き慣れると洗練されてくるものかも知れませんね。
 BGMのスクリプト。
 今度はFlashPlayerでmp3を再生するスクリプトを書いています。
 原則はmidiをQuickTimeやWindowsMediaPlayerで再生するのですが、どちらのプラグインも入っていない人にはmp3をFlashで聞いてもらう予定です。
 また、ロード時間を気にしなくて良いCD版は、安定しているmp3で聞いてもらう予定です。
 あと音楽素材の中には、同じ曲がmidiとmp3の両方で提供されている事もあって、その場合は往々にしてmp3の方がカッコ良いのですね。CDで有料版を作るのならば、有料版はカッコ良い方の音を聴いてもらいたいと思っています。
 
 前作までBGMスクリプトは誤作動が多いと評判が悪かったので、全面的にスクリプトを書き直しています。
 誤作動を起していたのは曲が切り替わる箇所で、前の曲のフェードアウトが終る前に次の曲の再生がはじまり、かつ前の曲の音量が完全に0にならない事が時々起こる…という症状でした。
 指示を出すと流れているすべての曲がフェードアウトし、フェードアウトが終った時に次の曲の再生をする、という設計だったのですが、どうもこの部分が良くないらしいのです。
 フェードアウトを実行する曲をいちいち指定しなくても済むので、スクリプト製作以降の、個々のページを作って行く段階で楽だと考えてこの設計にしていたのですが。
 まあ楽になるといっても、作業時間を1時間短縮するぐらいのものですけどね。ただ一つ一つは「1時間の作業」なのに、それが積みあがって膨大な製作時間になっているので、短縮できた方がありがたかったんですが。
 ちゃんと動かないのならばどうしようもないですね。

 仕方がないので今回は発想を改め、一つ一つの曲にフェードアウト指示を出して行く形に変更しました。
 このスクリプトが、フェードアウト以外は全く同じ事をするのに、かなり簡潔なものになったのです。
 行数にして前作の半分ぐらい?
 「え、こんなもので良いの?」と書いた自分がびっくりしています。
 短ければ誤作動も少ないはずで。
 奥深いものですね。

 今作はスクリプトをどこかのタイミングで公開する予定ですので、お楽しみに?


追記を閉じる▲

【2009/03/07 22:21】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 気取って「それがツクリテの生き様だろ?」とか自分で言う訳ですが。
 ほんとに一歩進むごとに壁が出てきますね(ため息)。
 どうしてこう、ひっかかってくるかなぁ。

 javascriptでmidiをなんとか鳴らせるようになり。
 あとはflashと連携させるだけさ…ってところでやっぱりトラブル。
 既にflashとjavascriptの連携方法について書いたサイトも見つけてあって、「なんだ、簡単じゃないか」と思っていたのですが。
 その簡単な方法、実はFlashPlayer8.0以上。
 私の使っているFlash2004MXは7.0なんですなぁ(苦笑)。
 
 もういい加減、バージョンアップすべきだなぁ。CS4は手が出ないけど、AS2.0対応のサイドパーティ製ソフトなら安く買えるし…などと思いながらも。
 「8.0対応ということは、7.xまでに使われていた方法が何かあるはずだ。flashは互換をきっちり残すから、昔の方法でも使えるはずだ」
 と信じて探し回り。

 見つけました見つけました。getURL( )を使って上手く鳴らせます。(詳しいやり方は省略。以下も同じ)
 …ってFireFox+QuickTimeならばそれでちゃんと動いたのですが、IE+WindowsMediaPlayerでは何故かフェードアウト開始時に演奏が止まってしまう。しかし演奏が止まった後に、フェードアウトのための音量操作がちゃんと動いている。
 意味わかんねーよー!
 とか思いながら夕食の準備して、ふと。
 「ユーザーボリュームを変更しても演奏止まらないかな?」
 (※今回のヴィジュアルリプレイでは、フェードアウトなどのスクリプトが操作するボリュームと、ユーザーが調整するためのボリュームが別にある)
 試してみたら、それでも音量停止。ちなみに演奏中にPlayボタンを押しても演奏停止(笑)。
 どうやら操作内容に関らず、何かすると演奏が止まるらしい。
 何故だろうとさらに考えて。
 「あ、getURLだからだ!」
 getURLというのは本来、htmlをリンク先に移動するメソッドなので。
 つまりプラグインの操作がページ遷移だと認識されて、それで音が止まったのですね。
 (調べてみたら同じことを書いていたサイトがあった)

 そりゃ上手く動かないはずだ、ということで、fscommandというグローバル関数を利用することに。
 しかしこの関数、どうして一つの関数しか呼び出せないのだろう(苦笑)。
 まあ変数で場合分けして、それぞれのケースで別の関数を呼び出せば済むので、それでも困らないのですが。ただちょっと無駄な関数噛ませているのが嫌なだけ。

 あれ、IEだとfscommandからJavaScript呼び出せないの?
 …真剣に勉強する気がないVBScriptを使うらしいですよ。
 ま、ここは前と同じようにコピペで誤魔化そう(笑)。
 とりあえずVBScriptからJavaScriptの関数を呼び出したら、後は全部JavaScriptかJScriptで処理。

 …お、何とか無事に動いた。
 今度こそ、本当に上手くいったんだよね?


 それにしても。
 getURLでつまづいたときは、最初は全く見当がつきませんでした。
 虱潰しに一つずつ原因を調べて行く訳ですが、解決しない。
 「どーやったら解決できるんだよー。原因が全くわかんねーよー」と半ばやさぐれつつ考えていたのですが、「ページ遷移だっ」と気がついてしまえばあっと言う間でした。
 スクリプトがこういう詰まり方をした時って、何か全然違う経路から、インスピレーションが降って湧くと解決できるんですよね。
 最初に来たインスピレーションが見当違いでも、一回インスピレーションが来ると、次が思いつきやすくなります。
 こういう事が重なると、「スクリプト書きも霊感かも」とか言い出しそうなんですが、私の認識って変なんですかね?
 …まあ、単純にgetURLがどうブラウザ側から認識されているのか、という点とか勉強不足なんじゃないかと言われると、その通りかも知れませんけど(笑)。


追記を閉じる▲

【2009/03/01 23:30】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。