ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日曜日は演武の練習をしてD&Dのセッションをしてとボリュームある一日でしたが、さらに冬コミ新刊に向けた実験なども行ってました。
 これまでのテスト結果には割と不満があったのですが、ここに来てようやくどうすれば良いのか見えてきた感じです。
 シナリオの方も、大枠では合格ラインに辿り着きましたかね。まあさらに少し手を入れればもっと良くなる感覚があるので、もうちょっといじることにしましたけど。
 10月の三度目の出張の前までには、1作品完成させたいところです。
 
 土曜日、出張帰りに十和田市現代美術館に寄ったのですが、とても素敵でした。
 そこの展示物は、「体験する」というのが大事な作品が多かったような気がします。
 中でも白い部屋の机に昇って、外を覗き込むのが一番面白かったですね。詳しくはネタバレなんで書きませんが、「おおっ!」って思わず感嘆してしまいました。
 TVなんかだと時々ある設定、アングルなような気がしますが、映像でなく実際に体験できるってのが面白い。それを体験させれば面白いって考えた作者さんの発想が秀逸だと思います。
 あと思わぬところにある「小さなおとしもの」。隣にいたカップルも思わず覗き込んでいましたけれども、あれ、ヴァリアントが世の中に普通に設置されていて欲しいです。忙しい毎日の、ふっとした癒しになるような気がします。

 そして、現代美術館に行ってみて、私が自分で何を作りたいと思っていたのか悟りました。全然意識していなかったのですが、「ああ、そういうものを作りたいという欲求があったのか」と。そうか、そういう点で現代美術と接点があったのか…と一人納得。
 その「作りたい」テイストを満載した作品も、冬には1つ是非作って入れたいですね。


 それで何を作っているのかは…もうそろそろ種明かししますかね?
 
 


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/09/21 01:20】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 随分前にむさぴょん子さんに描いてもらったPolarBlueのマスコットキャラクターを、今日ようやくアップしました。
 Topページのどこかに居ます。でもときどき出かけてお留守です。
 いる時も、すぐに隠れてしまいます。
 頑張って探して下さい(笑)。

 マスコットキャラクターはいくつかアニメーションを作りたいと思っていて、私がアニメの構成をまとめることになっていたんですけど、ごめんなさい、まだまとまっていません(苦笑)。
 確か3ヶ月ぐらい放置しています(おい)。
 
 
 数週間ぶりにスクリプトを書いてみて思いましたけど、やっぱり何か物を創る方がシアワセなのかも。
 実は出張前にGジェネレーションが遊びたくなって、安売りしていたPS2を買って来たんです。以前、家にあったものは弟の持ち物で、弟が家を出た時に持って行っているので。
 で、確かにGジェネは楽しいんですけど、何故かふと、「いつでもやめられる」ってことに気がついてしまったのです。
 楽しいけど、満足度がどこか微妙。でもそれってGジェネが悪い訳ではなくて、ひょっとするとコンピューターゲーム全般に対して私はそう感じているのではないかな、と言う気がし始めているのです。
 簡単なものでも、スクリプトを書いて、狙ったものが出来上がった時の満足感の方が大きいような。
 まあ、疲れているとなかなか物を作り出そうという気にならない、という問題点は依然としてあるのですが。
 


追記を閉じる▲

【2009/09/17 23:32】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 Podcastとかウェブラジオって、今でも流行っているんでしょうか。(流行っているとか主張する記事
 記事に取り上げられるってことは、ブームとしてのピークが過ぎている事も、良くある気もしますけれども(苦笑)。
 まあ面白い番組は残り続けてファンもいるのでしょうけれども、全体の趨勢はどうなのでしょう。
 ブーム去って衰退しているのか、それとも根を下ろして定着を始めているのか(それとも本当にブームになっているのか)。

 あるいは、TRPG界隈ではどうなのでしょう。
 一応、「TRPG系ラジオいろいろ」というまとめ記事がありますけれども。
 ラジオもニコ動に移住している方が多いのですかね?
 2年前より減って見えるのは、単純にニュースで取り上げられている数が減っただけでしょうか?
 iStoreでTRPGのPodcastを検索してみたら、ダイスアプリしか出てきませんでした(笑)。
 
 
 私は何故か、気がつくと結構ウェブの流行り物に手を染めていたりするんですが(Flashとか携帯とか)、ラジオを作ったことはなかったですね。
 でもキャッチアップは早かったかも知れなくて、5年ぐらい前でしょうか、まだPodcastなんて(確か)存在しなかったころ、今は亡き「アットスカイ」を途切れ途切れに聴いていました。
 ひょっとして、ウェブラジオが流行り出したら聴かなくなったんじゃなかろうな、自分(苦笑)。
 でもウェブラジオって、オフィシャルがきちんと手を染めた珍しい電子媒体なのかも知れないですね。「ふぃあ通」は長く続いているようです。

 で、冒頭に戻りますけれども、実際のところウェブラジオってどうなんでしょうね?
 どなたか詳しい方、いらっしゃいます?
 
 


追記を閉じる▲

【2009/09/14 23:09】 | トークRPG
トラックバック(0) |
 再び一週間の出張に青森に来ている丹川です。
 今居る地域は、「三八上北(さんぱちかみきた)」と言うことを知りました。三戸、八戸、上北と地域の主要地名をつなげた呼び名ですね。
 それはそうと、驚いたことに10月から今度3週間の出張に来なくてはならない事が判明。
 11月に大学の武道部の先輩が結婚式があって、そこで演武するのですが……練習どうしましょう…(汗

 出張前に仕事を片付けておこうと、ちょっと先週は無理しすぎましたかね。土曜日仕事が終って宿に戻って来た後、今朝の昼過ぎまで体が重くてぐったりしていました。
 何とか元気を取り戻した午後は、連休にしらたきさんGMで遊ぶアリアンのキャラを作っていたら…あれ、一日終った!?(笑)
 ちなみにキャラはすごく微妙。色々と中途半端。いわゆる「定番組み合わせ」を嫌がったら、訳の分からないキャラにしかならなかったと言う訳です(笑)。ま、たまにはこれでも良いか。
 
 というわけで、今週はいまいち進まなかった冬コミ向け新刊ですが、現状、具体的な内容を詰め中です。
 シナリオ、大枠は固まっているのですが、もう一捻り欲しい感じ。「転」が足りないんですね。
 理論的にシナリオを組むなら「こういう転を入れれば良い」ってのは分かっていますが、どうもいまいち面白みに欠けると言うか、ありがちすぎるとか言うか。
 それをどうするか。
 理論通り作ってあるのに面白くない物語と、面白い物語。その差ってこういう所の作り方なのかな、っていうのが最近分かってきた気がします。

 まああと一週間ぐらいでは何とかしたいものですね。簡単ではないとは言え、そこで長く悩み過ぎたくはないのです。長くGMやっているプライドとして(笑)。


 話は変わりますが、「青の彼方の島」で曲を使わせていただいた「足長帝國」様が、サイト閉鎖を決定したそうです。
 作者のNICE☆GUYさん曰く、

昔の作品のダメ出しをされ、昔の作品だけで実力を測られる事を、
前々から歯がゆく思っていました。
ダメ出しが許せないんじゃなくて、自分でも駄目な点がよくわかってる昔の作品で
今の自分が否定される事が許せんのです。



 ………その通りだよな、って凄く納得してしまいました。
 またそう思うことは、NICE☆GUYさんが、高い志を持って活動しているからだとも思います。向上心が無い人だったら「歯がゆく」なんて表現、使わないでしょうね。
 私はマイナージャンルというぬるま湯で活動しているせいで、過去作品にダメ出しが来ることはほとんど無い訳で(まあ、その価値が作品に無いだけな気もしますが・笑)。過去作品も公開を続けていられていますけど。
 サイト閉鎖は残念ですけど、NICE☆GUYさんの一層の飛躍を期待しています。いつまでも聴き続けさせて頂きますぞ、陛下。
 


追記を閉じる▲

【2009/09/13 23:31】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
 そういえばJGCでしたね。いかがでしたか?
 JGCでしたが、秋葉のR&Rステーションはセッション卓で盛況でした。まあ、私もJGCの日に地元のサークルでセッションしていることも良くありますからねー(苦笑)。
 でも、ぐらついている心理状態をどうにかして、そろそろ一度くらいJGCにきちんと参加してみたいものです。

 それはそれとして。
 前回の記事に関して、ちょっと質問が来たのでお答えしておきます。

 次回の冬コミ(C77)は、新刊を有志団体コルセックに委託に出す形を検討中です。
 PolarBlue自身は申し込んでいません。
 もっとも、まだコルセックメンバーに全然話を通していませんけどね。

 コルセックが落選だったら…他のツテで頼めるところがあるかどうかですなー(苦笑)。
 
 
 来年の夏には、独立してPolarBlueで申し込みたいものですね。
 アイテムが何もないかも…って不安が、どうも中途半端な行動をさせているんですよね(汗)。
 仕事の兼ね合いで、「直前の追い込み」ってのがどうも不可能そうなのです。今まで作品を完成させてきたスケジュールで作れないとなると、色々と自信がなかったりするのです。
 まあ、とにかく作らないと。今回の冬で一つ新刊ができれば、今の状況にあった物創りのペースも分かるし、アイテムが何もないという状況もなくなりますしね。

 
 ちなみに今日は、再度の一週間出張の準備と共に、新刊に必要そうなアイテムの下見に行ったりもしていました。
 ほんと出不精で、それも近年悪化しつつあるので、外に出た時にやれることをやっておかないと大変なのです(苦笑)。
 当初の予定では、物を買ってしまうつもりでしたが、店頭に行ってみて準備不足を痛感。
 いやまあとにかく買ってしまうこともできたのですが、「あっちにすれば良かった」という後悔をしそうだったので、やめました。
 必要な物を用意して行けば、それと接続してテストはさせてもらえるという話だったので、折角だからテストしてから買いましょう。まずは先に台本を書き上げないと、買っても使いようがないのだし。
 一週間後…は出張中なので、二週間後までに準備を整えて、リトライです。


 そうそう、新刊は動画でもプログラムでもありませんよ、念のため。


追記を閉じる▲

【2009/09/06 23:34】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 ちょっとネットから離れて篭っていた(?)間に、このブログ、1万ヒットに到達していましたね。(2009/08/29のようです)
 あまり益になることない、ぐだぐだと書き殴っているだけのいい加減な文章ばかりですが、それに懲りず多くの方にご来訪頂き、本当にありがとうございます。

 8月末というのは、私がテーブルトークRPGを始めた時期でして。今年で16年目の夏が往きました。
 17年目ですか…昔は10年、15年と過ぎたら、どんな凄いセッションができるようなっているんだろう、なんてワクワクしていたものですが。実際はそう単純には行かないものでしたね。
 ここ2年ぐらい、食が少し細くなりまして。もう30歳なのですからそれが当然なのですが。
 ただ食が細くなって気付いたのは、「昔はとにかく量が欲しかったけど、最近は量は減らしても良いから、美味しいものが食べたいな」という気持ちが少しずつ出てきたと言うことです。
 テーブルトークRPGも、というか嗜好というものは須らくそういうものなのかも知れませんね。
 TRPGを始めて3年、5年という頃は、とにかくセッションを沢山やることが大事なことであり。飢えたようにガツガツとTRPGをやっていたものです。
 でも今の私は、数をこなすことより、少しで良いから質の高いセッションを遊びたいですね。
 仮にシナリオを作る時間を2倍にするとセッションの面白さが1.5倍になるのならば、その方が好ましいように感じます。
 もちろん、満足する量と質のバランスがどのタイミングでどう変化していくのかは、人によって色々と違うところでしょう。私も、食が細くなったとは言え、まだまだ良く食べます。
 ただ、まあ「そんなにガツガツとTRPGをしたいと思わない自分」というのに、「どうなっちゃったんだろう」とか不安がったり、他の(主に若い)人たちの遊ぶ量を見てうらやましがったりする必要って言うのは、無いんだなと。それが自然なことなんだと思えるようになったのです。
 そして、自分は自分の状態に相応しいスタンスで、TRPGを遊んで行ければ良いのだと思うのです。
 
 で、自分に相応しいスタンスって何かといえば、それがやっぱり私の場合、「Something New」。つまり「何か一つ、新しいものを加えて行きたい」という事なのですね。


 そういう思いを再確認した時、急に次の冬コミ(C77)合わせで新刊を作りたい気持ちが沸き出てきました。
 ヴィジュアルリプレイとは違った、また新しいもの。
 作りますよ、私はやりますよ。
 企画そのものは前々から練っていたのですが、実際に始める踏ん切りがつかなかったんですよね。
 でもやっぱり、新しいことやっている時の丹川が本物だと言う気がします。
 …ただ飽きっぽいだけですね(汗)。

 例によって、詳細はもったいぶって(笑)少しずつ公開して行きますので、お楽しみに。


 今回も電子データーになるので、ちょっと気取って「マイクロSDカードとかにデーター入れて、携帯で再生してもらうか」などと思ったりしたのですが。
 残念ながらマイクロSDはメディア代が高いですね。
 通しで再生して10分に行かないぐらいの量なので、1枚500円のメディア買ってそれ以上の値段をつけるのは厳しいでしょう(苦笑)。
 それに今回も世間的に馴染みのない形式だから、できれば無料配布にしたいですし。やっぱり当面はCDなのかぁ…。
 そろそろUSBとかも検討したいのですが、無料じゃやっぱり厳しいでしょうね。(次のヴィジュアルリプレイの有料版はUSBでも良いかも)
 まあでも、こういうことをぐだくだと考えることは面白いですよ。
 「こういう形で出したら、楽しいんじゃないのかな?」
 同人活動はやっぱりワクワクしてナンボですよね。


 では、冬コミでお会いしましょう!(早すぎるって)


追記を閉じる▲

【2009/09/01 00:49】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。