ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぼやぼやしていたら、あっと言う間に12月じゃないですか。
 11月になったら冬コミ新刊に関するあれこれを、予告的な意味をこめて先に語っておこうとおもっていたのに。一ヶ月遅れですね(汗)。

 さて、改めて今度の冬コミの新刊のご紹介しておきましょう。
 その名も「ラジデシナ」。
 「ウェブラジオで語るシナリオ素材」を縮めて「ラジデシナ」。そのままですね。
 でも、そのままでも意味が分からないですよね。
 シナリオ素材って何? なんでラジオ? シナリオなのに語るって何? そしてウェブラジオなのにコミケで頒布?
 色々と疑問は尽きないと思います。
 誠心誠意分かりやすく、意味不明なものを作る。それが丹川の美学。
 …悪趣味ですね。
 

 ですが、まあご覧になって下さい。
 あるんですよ、いろいろと。必要性って奴が。
 
 
 
 今更ですが、TRPGは遊ぶためにシナリオが必要です。
 シナリオの作り方はGMによって様々ですが、移動時間やちょっとした空き時間にふと考える人も多いようです。
 ところで世の中には、シナリオ作りの手助けとなる「シナリオフック」や「シナリオソース」といったものがあります。(ちょっとしたシナリオのネタなども併せて、シナリオ素材と便宜上総称します)
 しかし一般的にそれらは、ムックタイプの(B5~A4サイズでページが100ページ以上ある)ルールブックやサプリメントに収録されているのが通例です。基本ルールが文庫版で出ているゲームは多くありますが、文庫版のルールブックに収録されていることは最近は稀です。
 しかも様々なサプリメントにバラバラに収録されています。全部持ち歩くこうとするとかなり重く、なかなかに困難です。
 「移動時間やちょっとした空き時間」に、それらの参考資料が手元に都合よくあることなど、あまり期待できません。
 また私の利用している路線は満員電車で、通勤時間に文庫本すら読めないことも良くあります。
 ましてや、ムックサイズだなんて。


 そこで、ラジオなのです。PodCastなのです。
 iPodや携帯電話にダウンロードして聞けるシナリオの素材。
 これならば満員電車の中でもシナリオを考えることができます。
 iPodは予めダウンロードしておかねばなりませんが、持ち歩くのには邪魔じゃありません。
 音声コンテンツは、小さな画面と睨めっこする必要がないというメリットもあります。(まあイヤホンが必要ですが)

 社会人になってから、忙しくてシナリオもあまり作っていられない、とお嘆きの皆さま。
 時代はラジオですよ!
 忙しい社会人GMの救世主。それが「ラジデシナ」なのです!


 …なんちゃって。
 まあでも、こう書くともっともらしいでしょ?
 表向きの理由としてはこんなものだと思います。
 では裏向きの理由は?
 そんなの、語れる訳ないじゃないですか(笑)。


 …あ、でも、そのうちこっそりとアップしておきますね。
 
 


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/11/29 01:31】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
 10月の出張で休日出勤があったので、今日はその代休です。
 休出全部取り返すのは難しそうですが(苦笑)。

 ようやく腰を据えて、ひとまずは冬に必要なアイテムの買い込みです。
 買い込みって言ってもネットですが(苦笑)。
 ただ土日に家に居ないことが多いので(新刊作らにゃならんのに!)、宅配便で届けてもらうのも微妙なんですよね。
 とか思っていたら、小さいものならコンビニに届けてくれる店を発見。これはいいサービスですね。
 ただ送料や手数料を考えると、秋葉原に買いに行ったのとコストが変わらない気もしますけど(苦笑)。ネットで店を探す手間を考えれば、時間的にも得してないし(汗)。
 ま、出不精だから仕方ない。

 ちなみに、microSDとminiSDを10個ちょいずつ購入。
 
 
 この手の電子媒体は、容量が小さいからと言って値が下がらないのが悲しいところ。
 メーカーは価値の下がった商品の生産を縮小し、付加価値の高い商品にシフトします。容量の小さなものが品薄になり、値が下がらないのですよね。だから512MBと2GBで大して値が変わらないという現象が起きていたりします。
 (本当に需要がない容量になると、今度は商品そのものが手に入らなくなる訳で)
 時々、「終息商品につき特価」があったりしますが、上手くそれに当たらないと、なかなか安く手に入らないですね。
 まあここで言う安いと言うのは、あくまで「同人的に」という事ですけど。
 1GBのmicroSDが500円前後で手に入るのは、普通に考えると確かに安い(笑)。
 でも500円の同人誌は、決して安くない訳ですね。
 容量は128MBで良いので、300円ぐらいで手に入ると助かるのですがねぇ…

 まあひとまず収支は棚上げです。
 今回は初めて出す形式の作品ということもあり、無料配布です。microSDもminiSDも。
 どちらも予算の都合で10個限定ですが。
 (出資者がいなくなった、というのがコルセックとPolarBlueの最大の違いかも知れませんねぇ)
 10個ずつしかないので、microSDなどを手に入れそびれた方、iPodやウォークマンを愛用している人はCD版をもらってやって下さい。

 一応、microSD/miniSDで作品を出すというのが、ヴィジュアルリプレイで「すぐに読みたいのに読めない」とおっしゃって下さった皆さまに対する、私からの一つの回答です。
 ラジデシナはコミケから帰る電車の中で聴けます。あ、携帯用イヤホンのご用意をよろしくお願いします。
 これでヴィジュアルリプレイも携帯対応にできれば、もっと素晴らしいのですけれども…PolarBlueの技術力では今は無理ですね。将来的にできるようになれれば良いですね。


 あ、そろそろ梱包サイズを決めて、委託をお願いする須永さんに連絡しないといけませんねぇ。
 案はあるけれども、しっくり来なくてまだ迷い中。
 
 


追記を閉じる▲

【2009/11/25 16:50】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 あまりに盛況すぎて主催者が抱えきれなくなり、来年の開催が危ぶまれていたゲームマーケットですが。
 アークライト、グランペールなどの企業が運営に参加することで開催されることに決まったようです。

 次回の開催について(ゲームマーケット2009)

 よかったですね。
 以前ごちゃごちゃ言っていた通り、開催されるならば参加しますよ。
 これまで委託頼みの活動を続けていましたが、PolarBlueというサークル名でスペースを取る最初のイベントはゲームマーケット2010となりそうです。
 まだ何をするか未定ですが、お楽しみに。

 まあその前に、とりあえず冬コミの新刊をがんばります。
 
 

【2009/11/23 18:22】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
 以前、「ラジデシナをつくっていたらセッションやりたくなった」と書きましたが。
 「テスト」とか冠して先週、セッション、やってしまいました(笑)。

 ラジデシナ第1作のシナリオ素材は、三国無双のテイストを取り込んで、戦場を駆け抜けるシナリオです。
 戦場ものは私の長年のテーマで、少しずつ改良しながら作り続けているのですが、だいぶしっくり来るものが作れるようになってきました。
 今回の密かなテーマの一つは「GM、正気か!?」とプレイヤーをびびらせること。
 詳細はラジデシナに譲りますが、これは狙い通りの効果を発揮した模様。
 そしてもう一つは、「戦闘をつなげて展開を作る」。
 こちらも、「中盤でのキツさの後、終盤の爽快さが良かった」となかなか好評。

 しかし、それにしても今回のセッション、プレイヤーキャラクターのイカれっぷりが驚愕でした。
 
 
 今回は割と踏み込んだハンドアウトを書いていて、PC1が男性、PC2と3が女性を想定したものになっていました。
 もちろん、性別の変更は可能なのですが…
 セッション開始時には、確かに男性1人に女性2人のPCがいるように見えたんです。少なくともPC1の目には。
 でも、本当は一人も女性がいなかったのです(笑)。

 一人は、実は女装男子。
 …ま、まあ、最近流行りだから、それは許そう。
 しかし、もう一人。

 「GM、宦官でいいですか?」

 宦官ですか!
 しかも女装宦官。
 新しい。斬新すぎる。
 で、男性の敵将に恋するんですよ、この女装宦官。

 ちなみにその敵将は、女装宦官のプレイヤーから「植物に完全に同化してそうな緑っぽい感じが素敵な人」というリクエストが。
 …意味が分からないんですけど。誰か助けて(笑)。

 まあどうやら某バサラの長宗我部が元ネタだったらしいんですが、私はそのキャラ知らなかったので。
 思いつく限り頑張ってみたら、元ネタとはかなり乖離したものになってしまったらしく。
 でもそれはそれで滅茶苦茶っぷりがプレイヤーにはうけていた模様です。


 ま、何はともあれ、セッションは上手く行きました。これで安心してラジデシナを作れます。
 セッションに参加したプレイヤーの意見も反映して、なかなか面白そうなコンテンツが作れそうな感じがしてきました。
 お楽しみに!
 
 


追記を閉じる▲

【2009/11/23 01:21】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 正式に決定しましたのでアナウンスです。
 現在鋭意作成中のPolarBlueの2009年冬コミ(C77)新刊は、オニオンワークス様に委託することになりました。
 須永さん、ありがとうございます。こんな時ばっかり頼りにしてしまってすみません。
 配置場所などはいずれまた。


 ちなみに新刊は、以下の1点です。
 ・ラジデシナ
   前代未聞? ラジオで聞く、シナリオ素材(シナリオフック)集。
   iPod、ウォークマン、携帯電話などに入れて、朝・夕の憂鬱な通勤時間にも楽しくシナリオを作りましょう!
   「GMって難しそう」と思っているアナタも聴いてみて! 意外とGMって楽しそうかもよ?
   (ちょっとしたオマケ企画を同梱予定です)
   microSD他で頒布を検討中です。


 お楽しみに!

【2009/11/09 21:33】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
 追いかけているサークルさんが続々と当選の報をアップする中…
 コルセックは落選したみたいです。
 ですが、新刊創りますよ?

 現在、委託先を探しているところです。
 まあコルセックに頼んだ時ほど無理なお願いはできませんから、考えていた頒布上のアレコレはばっさり単純化することになると思いますけれどもね。
 とにかく、今はコタツに篭っている時ではないのです!

【2009/11/07 02:18】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 出張が伸びてしまって、未だに青森から帰れない丹川です。
 余裕があれば東北のコンベンションに一度顔を出して見るのも面白いなぁ…とか思いはしたものの、ちょっと難しいそうですねぇ。

 冬コミ、コルセックの当落について3人ぐらいから尋ねられましたけど、私はまだ連絡受けていません(苦笑)。
 シナリオ素材集、コルセックが受かっていたらコルセックに委託を頼もうと思っていますが…落ちていたらどこか引き受け手を探さないといけませんね。

 そうそう、作品が出来そうなことに調子に乗って、コミケ以外のイベントへの参加も画策中です。もちろん、PolarBlueで参加しますよ。
 ゲームマーケットが来年からなくなりそうだという話があるので、そこが微妙ですが…となるとコミックシティとか?
 シティだと知ったサークルが出ているというメリットはあるものの、できれば系統を変えて、ゲーム系がメインのイベントに顔を出したいものですが。
 
 
 で、冬コミのシナリオ素材集、チマチマと製作を続けております。
 できれば2作入れたいと思っていますが、まだ1作しか構想がありません(苦笑)。
 1作目は、三国無双ばりの陣中突破を楽しむ、戦記物のシナリオ素材になっています。
 一応、アリアンロッドのアルディオンを想定したもの。なんか「アルディオンものをやる」と言ってから1年ぐらい経っているような気がします(汗)。
 もっとも、他のシステムでも応用は可能だと思います。そもそもはHTT用に考えていたシナリオをベースに手を入れたものですので。
 本当はそれこそ三国志演義とか、和物でやってもらいたい気持ちもあるのですが、前者は入手困難だし、後者は知っている和風システムだと微妙な感じなので(知らない中にマッチするシステムがあるかも知れませんが)。
 ま、アルディオンで出すのが今までの路線と合ってはいるので、それはそれで良しとしましょう。 
 
 それはそうと、1作目のタイトルが決まらないのですよ。
 ストレートにそのままの仮題をつけてみたものの、やっぱりちょっとかっこ悪いのですよねぇ。
 
 


追記を閉じる▲

【2009/11/02 00:34】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。