ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ゲームマーケット2010、当選したと言うメールが来ました。
 …まあ当選と言っても、抽選なしだったみたいですが。
 コミケと違って、当選が確定してから事務手続きがあるのが、何とも妙な感じです。

 ラジデシナの第2回を、ゲームマーケット合わせで用意して行く予定です。
 ちょうど今度の日曜日に、ラジデシナ製作の打ち合わせをやるんですよね。良いタイミングでした。

 ちなみにゲームマーケット2010は5/30(日)です。場所は浅草の都立産業貿易センター台東館。
 …残り3ヶ月って、意外と時間ないですね。
 4月に入ったら録音しないといけないので、脚本は遅くとも3月一杯ですか。
 M3もあるから(買い子ですが)、早め早めに進行して行きたいものですね。
 
 
 そういえば、DLsite.comがサンクリで「デジクリ」という企画をやるらしいです。
 DLsite.comに作品を登録している人ならば参加資格があるとかで、DLsite.comに登録している作品の販売をするらしいです。それって何か不思議な感じ。
 なんかこの企画は面白そうですよ。詳細がどういう風になるのか興味あります。
 ただDLsite.comに登録できるPolarBlueの作品がないのが残念です。
 覗きにだけは行ってみようかなぁ…


 そうそう、ラジデシナをメロンブックスのダウンロード販売サイトに出そうと思っています。メロンは無料作品が登録できるのですよ。
 ヴィジュアルリプレイって結局、ダウンロード販売サイトがきっかけでビュー数が増えましたからね。
 新規企画をダウンロード販売サイトに撃ち込まないのは、ちょっともったいない感じです。ただ登録できる先が限られるのが、無料頒布のウィークポイント。
 かと言って、有料だとそんなにダウンロードしてもらえない。
 ダウンロード販売サイトは一つの看板みたいなもので、多くの人に存在を知ってもらうための有料アイテムと、内容を見てもらうための無料アイテムと、それをミックスしてやって行くのが良いのですかねぇ?
 (ただ「青の彼方」のようなやり方をずっとやっていると、ダウンロード販売サイトの方としてはたまったものじゃないでしょうけれども。その辺が今後の課題?)
 


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/02/26 23:18】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
 今年に入ってから、PCの動きが妙に重くなった気がしたので、クリーンアップしたりデフラグしたり色々とやっていました。
 ラジデシナの編集途中に大量に発生したwavファイルの容量が数GBに達していまして、不要なファイルを削除して不急のファイルをバックアップHDDに、ゴミ箱を空に、そしてデフラグをすると、結構動作が軽くなりました。
 しかし、「まだちょっと、ぬめっとしてるなぁ」と思っていまして。
 まあ色々と勝手に裏で動いているプロセスのせいだろうな、とは思っていたので、一つサイズが目立ったプロセスについてネットで調べてみたら…

 windows起動時にPCが重たい、『wuauclt.exe』を調べてみる。メンテナンスにも有効。

 これがばっちりビンゴ。
 メモリ使用率は3%ぐらいしか下がっていないのに、体感速度がめちゃくちゃ早くなりました。
 特に起動が遅くて「なんとかならないかぁ」と思っていた、ブラウザとメーラーの立ち上がりが劇的に改善しました。
 これはびっくり。
 そういえば、ここ半年ぐらいの間、PCをシャットダウンするときにXPの更新がなかった日がなかった気が。
 更新すればするほど、PCは重くなって行っていた訳です。

 これでジオンはあと2年は戦える!
 (流石にあと2年したらPCは買い換えよう…)
 

 ※10/02/21追記:
  その後、何度がOSの更新をインストールしたら、元に戻った気がします(汗)。
  あと、データーを消すだけでなく、動いているプロセスを停止させないと、速度は早くならないかも知れません。
  残念。
  まあでも、重い作業をやることがわかっている前には、時々やりましょう。
 

【2010/02/16 01:57】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
 須永さんの3/7のセッションに参加しようと思って手帳を開いたら、前日がいとこの結婚式で福島。泊まりは確実なんだけど…何時に帰って来れるんだろう? 親に聞けば知っているかな。

 「どどんとふ」というオンセツールを作られている竹流さんからコメントを戴いたので、早速、「どどんとふ」のソースをダウンロードして読んでみています。
 Rubyとか書いてある…知らない言語だ…ガクブルガクブル(笑)。
 「どどんとふ」はウェブブラウザのみで遊べる、手軽な遊べるオンセツールで、最近話題になっているのでご存知の方も多いかも知れません。
 セッション中に録画機能をONにすれば、ビジュアルリプレイのような(銀武器さんの形式に近い)ログが自動的に生成されるという機能まである、かなりの優れ物です。
 中も結構スッキリしたソースで、さすが私のような似非とは腕前が違うようです(笑)。
 recという拡張子があるんですね。ゲームなどで良く使われるみたい? こういう形で値を管理するのでも良いかも知れませんね。
 それにしても、パソコンが自動的に記録を取るだけあって、パラメーターの数を多くできるのが羨ましいですね。ヴィジュアルリプレイはキーボードから手入力で書くことが念頭にあるため、どこまで書かねばならないパラメーターの数を減らせるか、という命題と向き合っていまして…(笑)。
 
 
 これ、ログビューワーがあると良いかも知れませんね。
 もちろん、今のどどんとふでログは読める訳ですが、どうしても「オンセツール」になる訳です。例えば、セッションログをコミケで頒布しようにも、「どとんとふ」のファイルをCDに同梱しても読めません(ですよね?)。ログをサイトで読めるようにするためだけに、「どとんとふ」をサーバーに設置しようという人もあんまり居ないと思います。
 でも「ログビューワー用意しました。これCDに入れて、コミケとかで頒布して下さい」とか言えば、多分そういう事をやる人は出てくるんじゃないかと思うのです。
 そうなれば「え、オンセだとこんなに凄いリプレイが、簡単にできちゃう訳!?」って読んだ人はびっくりすると思いますし、どどんとふを始め日本のオンセを盛り上げていく要素になると思います。
 セッションすれば、それが文章のログでなくヴィジュアルリプレイになる。TRPGってヴィジュアル要素があまり強くないものな訳で、それってひょっとすると、今までのTRPGセッションの概念をちゃぶ台返しする可能性を秘めている気がします。
 これでもし「どどんとふ」が商業だったら、ログを動画にして自動投稿とか言うんですけど…(笑)。

 まあ、本体と別にビューワーを作るのは、結構面倒だと思いますけども。
 理想は、名目上ビューワーを名乗るだけで本体と中身が一緒。パラメーターを変えれば、機能制限やPC上でも動作するようになって、ビューワーになるとか。そういう形だと、管理が楽ですよね(特にバージョンアップが)。
 それが可能なのかどうか判断できるほどは、ソースを読んでません(笑)。


 …さて、私も頑張ろう。
 


追記を閉じる▲

【2010/02/14 00:43】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 多分、誰も興味のないヴィジュアルリプレイの細かい進捗の話です。

 外部xmlを読み込んでテキスト表示させることには成功しました!
 もちろん、htmlタグもきちんと機能していますよ。
 この辺で、サイトの方にアップしたい感じですね。

 htmlTextプロパティの存在に気付いた後も、色々とトラブルはありましたが(笑)。
 上手く行かなかったのは、xmlの仕様というか書き方のルールについて、私があまり詳しくないせいだったから、というのが結論です(苦笑)。
 いや、CDATAセクションを毎ページに書くのは面倒だなぁ…とか思ったんですが、htmlタグを使う以上、省略できないんですね(一つ方法があるにはありますが、より面倒になります・苦笑)。
 まあ面倒だと言っても、どうせエディタで一発置換するんですけどね。

 xmlタグにidを指定しなくても、なんとかできそうなのが良かったところ。毎ページにidなど、打ってられませんって(笑)。
 ちなみにページ数は、xmlを子ノードごとにarrayのエレメントとしてセットすれば(あと冒頭にダミーのエレメントをunshiftすれば)、エレメント番号で自動的に対応します。
 結構便利。もうこれで、手書きで5フレームごとにラベルを貼る作業とはオサラバです(笑)。
 
 
 Flash MX 2004って文字の扱い方があんまり上手くないらしく、ファイル内の文字数が多くなると、ファイルを開く速度が恐ろしく低下するんですよね。
 その部分をテキストエディターで済ませられるのは、作業効率の大幅アップですよ。
 ま、xmlのノード内で改行できないせいで、xmlそのものは結構読み難いですけどね(笑)。

 次は、テキスト以外への拡張ですね。
 特定のタグが書いてあると対応する関数を実行する形にしたいですね。
 そうすれば、アニメーションを呼び出したり、音楽を流したりとかの指示が全部xmlに埋め込めます。
 単純にノードごとに切り分けてページ分けしているだけなので、違うxmlタグでも問題はないはず。
 テキストをセットする前にタグを解析して、実行関数を振り分けるようにすれば良いですかね。
 1コマンド1ページになりますが、それは旧来のヴィジュアルリプレイでもそうでしたから。自動進行にすれば良いだけですね。
 


追記を閉じる▲

【2010/02/08 00:26】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 久しぶりにヴィジュアルリプレイの制作を再開。
 一年前の今頃にActionScriptとJavaScriptと睨めっこしていたのを思い出します。
 それはそうと、1月半ば頃に少し作業していたはずなのに、一体何をどこまでやっていたのか、しばらく思い出せなかったんですが(汗)。

 …確か去年の夏コミで、オンセ用のソフトを作っている方と話した時に、「オンセのログを受け取って半自動的にヴィジュアルリプレイ化できるような形が理想」みたいな事を言った気がします。
 この話、もともとは銀の武器製作委員会の川蝉さんのアイディアだったんですが、もう川蝉さんの姿がコミケで見えなくなって久しいものでして。
 実現しないのを惜しんでいるうちに、「自分でもやってみるか」という気分になったのを覚えています。

 もともと、「可能な限りの部分を外部化して、コア部分は使いまわす」という構想で、今回のヴィジュアルリプレイのシステムはスタートしていまして。
 ただそれが外部asを中心にした「私だけが分かるルール」で作る予定だったのを、htmlとかxmlなんかの「標準的なルール」に対応した形式に方針転換した訳です。

 が、このhtmlとかxmlを受け取って表示することが上手くできない…という部分で絶賛頓挫中だったのを、ようやく思い出しました。
 
 
 最近のFlashは良く知りませんが、私の使っているMX 2004だと、テキストフィールドの一部だけの色を変えたり強調したりが、一見できません。
 キャラ名と本文と地の文とで違うテキストフィールドを用意して、それぞれ色を変えておいて、widthかその辺を取得してスクリプトで整列させる?
 とか思いましたが、結構面倒くさいですね。もっと楽な方法はないものでしょうか。

 …そういえば、Flashってhtmlを内部に読み込めませんでしたっけ?
 htmlタグで色替えとか強調とかできるなら、簡単だし分かり易いですよね。
 調べてみると、「htmlレンダリング」を有効にすると、一部htmlタグが使えるとのこと。


 しかし。
 上手くいかないのですよ。
 スクリプトを使って、タグつきの文章をセット(textで)してみたのですが…
 htmlレンダリングが有効になっているのに、タグがそのままテキストとして表示されてしまいます。

 全然原因が分からず。しかも検索しても違うものばっかり出てきて、解決策に辿り着けません。
 仕方がないので、検索でよくヒットする「外部htmlをloadVariablesで読み込む」方法をとにかくやってみることにしたのですが…
 このloadVariablesって結構クセの強い奴で、「ムービークリップの内部に配置されているテキストフィールドに、読み込んだ変数をセットする」という、意味を理解するのにちょっと時間のかかることをやってくれています。
 普通、読み込んだデーターを、何かの変数にセットするのでないですか? テキストフィールドへのセットは別枠でしょう。
 おかげで、変数に入っている文字列をページごとに分割して、現在のページだけセットするとか、そういうことが不可能なようです。とにかくテキストフィールドにセットしてしまわないと変数として取得できないような感じです。(テキストフィールドにセット後ならtextプロパティで取得できます)
 確かにhtmlタグは有効にできましたが、これも使い勝手悪いなぁ…というか、textプロパティで取得した文字列にはhtmlタグが存在しない訳で、asで加工して再セットしたら、一部強調とか変色とかできないじゃないかと。


 …などと思っていたら、あにはからんや。
 textプロパティの他に、htmlTextというプロパティがあって。
 htmlタグを有効にしたかったら、レンダリング設定の他に、htmlTextで文章をセットしなきゃいけなかったんですね。
 htmlTextで文字列をセットしたら。あっと言う間に全ての問題解決。

 いやまあ、知らない私が悪かったのですが、でも分かり難いよー(苦笑)。
 htmlレンダリングが有効になっていたら、textでセットしてもタグを有効にして下さいよー。
 そもそもテキストフィールドに文字列をセットするプロパティが、複数ある必要って何!?

 あ、そうか。読み込み専用のプロパティがあっても書き込み専用のプロパティはないように、データーの取得って言うのがプロパティの第一要件なんですね。
 なので、「タグがある文字列」「タグがない文字列」のそれぞれが取得できるように、htmlTextとtextの二種類がある訳ですか。


 しかし、TextFieldクラスのプロパティ一覧なんてしょっちゅう眺めているのに、どうして気がつかなかったんでしょう?
 …最近、こういうのが増えていて、ちょっと自分が嫌になります(苦笑)。
 


追記を閉じる▲

【2010/02/04 01:39】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |

オンセツールの件
竹流
> …確か去年の夏コミで、オンセ用のソフトを作っている方と話した時に、「オンセのログを受け取って半自動的にヴィジュアルリプレイ化できるような形が理想」みたいな事を言った気がします。

たぶん、この話をした本人だと思いますー。
稚拙「どどんとふ」では実際のプレイデータを元に下記のような形でリプレイを再現してます。参考になれば幸いです。

http://www.dodontof.com/DodontoF/DodontoF.swf?replay=..%2fDownload%2fplayRecord_20090110%2fplayRecord_20090110_part1.rec

ちなみに「どどんとふ」もFlash、それもフリーのFlexのみで作成されています。
ソースコード一式もダウンロードできますので、興味があれば是非覗いてみてやってください。

おおっ!
丹川幸樹
 まさか、あの時お話していた方が、今をときめく「どとんとふ」の竹流さんだったとは…!
 しかもこんな辺境ブログにお越しくださったこともびっくりです。

 「どとんとふ」もFlashだったんですね。
 ログのリプレイ化機能、是非参考にさせて頂きます。
 しかし、すでにあれだけのリプレイを自動的に生成する機能がついているオンセがあると、普通にヴィジュアルリプレイになるだけじゃあ、目新しさが無いかも知れませんね(笑)。
 

コメントを閉じる▲
 夏コミ、申し込みました。
 せっかくだからサークルカットとかあげておきます。

C78サークルカット

 サークルカットは紆余曲折の末、スイレンさんに書いてもらいました。多謝。
 仕上がった絵を見て、このお姉さんに名前をつけよう!と思い立ち、現在思案中。
 ちなみに彼女にはラジデシナのPRキャラクターをやってもらう予定です。
 以後、お見知りおきを。
 
 
 今回、なんだか物凄く要領悪い事務作業をしてしまいました…。
 使おうと思っていたイラストがありながら、そのイラストの解像度の高いデーターをもらっていなかったことに、〆切一週間前に気がつくってどうよ?(汗)。

 解像度が高いデーターから落としたイラストでなく、最初からウェブ向け低解像度で描かれたイラストだったので、書き直しが必須だったんですねぇ。
 しかし、3日で書き直しをお願いするのは…無謀だろう…。

 誰か3日で新規に書き起こしてくれる人はいるだろうか…
 …ってスイレンさんしかいないかも。
 壬生は外国行ってるし、StudioMilkさんは今、めちゃくちゃ忙しい時期なはずだし。他の人はそんなに短期間で絵を頼むのは難しいかなぁ。

 もともと、ラジデシナのPR方法の方針転換を決めていて、PRキャラの絵をスイレンさんに描いてもらおうかな、という構想がありまして。
 「ならばこの際、ラジデシナ関連のイラストでサークルカットを描いてもらおう!」
 ということに。
 スイレンさんの日程に、運よくポケットのような空きがありまして、そこで絵を描いてもらうことができました。
 本当に助かりました。

 こういう綱渡りは続けていると、そのうち簡単に落ちちゃうので、以後気をつけます。はい。


 しかし「結局、美少女イラスト以外にPR方法は思いつかないのかい?」とか自問してしまいます(苦笑)。
 成功パターンを一つしか知らないってのが貧弱ですよねぇ…。
 いや、ラジデシナ姉さんの出来は素敵だと思うのですけどね。絵を描いてもらう以前の次元の問題として、ね。
 「誰にも見て/聴いてもらえなくてもいいんだ」とか開き直れる強さが必要なのかも。

 …無理ですか。
 
 


追記を閉じる▲

【2010/02/02 23:06】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。