ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 夏コミは書類不備をやってしまいましたが、5月のゲームマーケットで発行したラジデシナを委託に出します。

 委託先:
 8/13(金) 東5 ハ-49b オニオンワークス様 (ゲーム/電源不要)
  /15(日) 西2 た-12a 脳内娘 (創作/少年)

 委託アイテム;
 【オレのシナリオを】ラジデシナ第2回・第1回【聞け!】

ラジデシナ第2回ポスター

  ラジオで聞くシナリオフック!?
  目で読むのではなく語るからこそ伝わる、シナリオの面白さ。その熱さ!
  「オレのシナリオを聞けぇぇぇえええ!!」
  ブレカナ、アリアンロッド(アルディオン)のシナリオを収録。
  「TRPGを30秒でCMしてみる」の第1回~3回も同時収録。
  (CD1枚、無料配布)

予告編

 
 尚、ラジデシナ第2回については、近日中にウェブ公開する予定です。

 1日目は95%の確率で出張なので、会場ではお会いできないのが残念です。
 3日目は、少しだけ居られると思います。
 よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

【2010/07/31 15:45】 | 憚りながら申し上げます
トラックバック(0) |
 ほんとに7月ギリギリになりそうです(汗)。
 ラジデシナ第2回ウェブ公開版、ひとまず再編集したファイルを再度構築しました。
 ノイズ取りとか音量調整とかスクリプトで自動処理したのですが、やっぱり個々の調整は不可欠ですねぇ。
 あとゲームマーケット公開版より音量レベルを上げたら、反響音とか音質バランスの乱れとかがより一層目立つようになってしまって、それの再調整に結構手間取りました(まだ直したいところが…)。

 とりあえずこれをiPodに移して、電車の中で聴いてバランスを確認して、再調整ですね。
 …7月末までには何とか。
 というか、夏コミ委託を考えると、何気にそこがラストラインじゃないですか(苦笑)。
 やれやれ。
 
 
 再編集の結果、そこまで内容が良くなったのかと言うと、実はちょっと疑問(苦笑)。
 多少は改善してますけどね。
 ただ、音声の録音の仕方については、色々と収穫があったのが良かったです。

 やっぱり、しゃべる人とマイクの距離が遠いのは良くないって結論が出ました。
 遠い位置でしゃべっていたセリフほど、ノイズカットに苦労しました。(反響音の入り方も違った)
 ただ、出演者的に、ポップガードに顔を近づけすぎるのに抵抗があったようで。名案思いつくものなのかな?
 (ウィンドスクリーンとか買ってこようかなぁ…)

 収録日当日、録った直後にスピーカーで録音内容を流したりしていたのですが、スピーカーで気付かないノイズもヘッドホンになると良く聞こえる。
 スピーカーでノイズが聴こえなかったので、「このくらいは大丈夫」と出演者が音を立てても気にしていなかったところがあったのですが、そのノイズが本当に消せなくて難儀しました。(より正確に言うと、ノイズを消すとセリフも一緒に消えてしまう)
 あと、ノイズを減らすと、ノイズに埋もれていて気にならなかった音が目立つという現象が発生します。
 この音も本当に消し難い(苦笑)。
 やはり、ノイズは立てないのが一番。イスとか机とか、ギシギシ言うのは要注意。

 あと反響音。
 同じ場所で録っていても、人によってもかなり違います(多分、部屋のサイズとかから、反射しやすい周波数があるのでしょう)。
 フリーの編集ソフトでは、反響音を削除するのは難しいようです。ノイズと違って、割と強くはっきりしたレベルで入っているようなので。
 今回の反響音は、中域レンジに多かったようなので、そこを抑え気味にすることで誤魔化しましたが…
 次回は絶対、反射音吸収スクリーンを買います。


 だんだん投資額が増えてきました(笑)。
 もうちょっと便利なミキシングソフトも欲しくなってきましたし。4000円ぐらいで良いのがありそうなので…。
 お金、あんまり無いんですけどねぇ(汗)。
 


追記を閉じる▲

【2010/07/28 03:31】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 少し前ですが、iTunesのPodCast、「ゲーム/趣味」のサブカテゴリー「その他のゲーム」で、ラジデシナが12位にいてびっくりしました。
 変動しやすい順位なので、すぐにおっこちちゃうとは思いますが、それでも皆さまのご支援に感謝です。

 さて、進行がすでに一ヶ月遅れのラジデシナ第2回forウェブアップ用ですが、どうにか個別の録音ファイルの再編集を終えました。
 あ、まあノイズカット作業はまだですが(この次にスクリプト処理で一気にやります)。

 しかし聴きなおしてみると、しゃべるの下手で挫けそうになります(汗)。
 会話って毎日しているはずなのに(仕事を含めるとかなりしゃべってますよ?)、滑舌って良くならないんですね(泣)。
 あと、自分的に「このトーンでしゃべれたら理想」という声の高さがあるんですが、私が普段出す声よりも低い音程なんですね。その音程、出ないことはないのですが、長文になると上手く感情が乗っけられなくなることを発見。訓練すれば何とかなるのでしょうか…。

 それでも、通して聴くとそれなりに面白いものにはなっているんじゃないかなぁ…というところが救いですか。

 7月中にはアップしたいですよね(苦笑)。
 もうちょっと、がんばります。
 

【2010/07/20 02:22】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
 少し前に、妙に「ヴィジュアルリプレイ」という単語の検索数が増加したと思ったら。

 ボカロTRPG ヴィジュアルリプレイ(仮)

 ヴィジュアルリプレイって名前の作品を作る新規サークル、久しぶりですね。
 どんな作品になるのでしょう?
 PCorプレイヤーがボーカロイドらしいので、むしろニコマス・リプレイに近いイメージ?
 歌とか歌うのでしょうか?
 C78公開予定みたいですね。あと一ヶ月。
 どんな作品になるのか分かりませんが、無事に完成してくれることを祈ります。

 …おっと、誰か代わりに買ってきてもらわなきゃ。
 

【2010/07/16 01:49】 | トークRPG
トラックバック(0) |
 出張から帰って来ました。予定より随分早く。
 東京は暑い!

 さて。
 突如、制作途中のヴィジュアルリプレイ、詰まっていた部分の解決方法に思い至り、帰りの新幹線でちょっと手直ししてみました。
 その過程で、XMLクラスのattributesの意味を初めて理解しました。
 以前からあまりに意味不明だったので、理解してちょっと感激しました(笑)。
 あ、AS2.0の話ですのでご注意を。

 簡単に言うと、「配列」と「結合配列」は違うものだ、と言う点に尽きるのですが。
 attributesは「結合配列」を返すもので、「配列」を返すものではなかったのですね。
 これを混同していたため、XMLの属性をattributesすると、普通の配列を吐き出すものだとばっかり思っていました。
 「あれ? なんでArrayにコピーできないんだ?」とか「なんでエレメントにアクセスしようとするとundefinedなんだ?」とか。
 手元の参考書が、XMLクラスについてあまり解説していないのも、原因の一つですが(苦笑)。
 良く分からないヘルプと睨めっこしながら弄繰り回していましたが、参考書探した方が早かったですね。
 
 
 ヴィジュアルリプレイでスクリプターがいつも頭を悩ませるのは、「ページが順番に再生されるとは限らない」ことです。
 例えば、3ページ目でダイスアニメがあって、6ページ目まで表示されて、7ページ目に消えるとします。
 普通に作ると、ダイスアニメの関数を3ページ目に実行して、7ページ目に消す関数を実行するように作ってしまうのですが。(Flashはタイムラインがあるせいで、余計そうなりがち?)
 これを5ページ目でセーブして、5ページ目から再開するとどうなるのか。
 5ページ目にはダイスアニメに関係する命令は何も書かれていないので、何も表示されないんですね。
 でもXMLに、ページごとにダイスアニメの命令を書くのは大変な訳です。
 ダイスアニメが一つだけならいいですけど、戦闘中なんか、確率図アニメ4つにダイスアニメ3つとか平気で同時表示されてますからね。それが10ページ表示されっぱなしなんてザラな訳で。コピペとは言え、70個もタグ書くんですよ。
 その上で、後から間違いがあったことに気がついて、修正する必要があったら?
 …どうでしょう、うんざりしませんか?

 なので、XMLには開始点と終了点を書くのみに留めて、その間、必要な情報をセーブデーターに書き込むようにしたい訳です。ロードした時に、セーブされた情報を元に再現する訳ですね。
 その情報をどう受け渡して、保存して再現するか。ってところで、attributesに躓いていた訳です。

 XMLの属性に必要な情報が全て入っていれば良かったのですが、

 <dice type="dice">

 とかやるのはメンドクサイじゃあないですか。
 でも、今の例でtype属性をなくした上で、属性をattributesしただけだと、ノードの名前(この場合、dice)が入らないのですね。
 それで「配列を返すなら、ノード名をその配列に追加すれば簡単じゃないか」って罠だった訳です。

 ノード名以外にも必要な情報が色々とあったので、結局、ノードそのままの形で値をやりとり(セーブ含む)し、必要とする時にattributesすることにしました。

 …今思い出しましたけど、もともとArrayで書いていたスクリプトを、途中からXML対応に改造することになったので、「attributesで配列が返るなら、改造が最小限で済むからいいね」とか考えたような気もします。
 全部XMLに直すとなると、それは割と手間で…まあ、もう直しちゃったからどうでもいいんですけどね(笑)。
 




追記を閉じる▲

【2010/07/09 00:34】 | ワイヤードアーム
トラックバック(0) |
 しばらく仕事で忙しくしていて、世の中の流れを追うのをやめていたら…
 世の中ってなんだか凄いことになっているんですね。

 5時間で1400部以上売れた電子書籍(日経ビジネスオンライン)

 電子媒体はコミケで受けが悪いとか、言っている場合じゃないですよ!?(笑)
 うちのコンテンツについて言えば、「その場で見られる」って形をもうちょっと考えたいですね。CDベースでやってちゃダメなんですよ。
 でもFlashベースでヴィジュアルリプレイを作っている限り、iPad/iPhoneは難しいんですよねぇ…。SVGとか言う刺激的な画像フォーマットもあることだし、いつまでもFlashにいちゃダメなんでしょうか。
 けど乗り換えるのってなかなか大変なんですよね(苦笑)。
 ああ、もっと時間が欲しいなぁ。
 ほんと、仕事している場合じゃない(笑)。

 それにしても、電子書籍、やっぱりさっさと挑戦すべきだったかも。
 見送ると判断したものが隆盛して臍を噛むって、これで何度目かの経験ですな(苦笑)。
 まあ、うちが電子ブックで出しても、100部も行きませんけどね(笑)。
 

【2010/07/07 20:44】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
 どうしてお客はお盆休んでくれないんだー!(泣)
 年2回でいいんだよ、たった2日でいいから、有給を取りたい日なんだよ。

 コミケがない人生なんて人生じゃない。
 問題なのは、これが毎年続くってことですよ。ええ。
 去年は上手く前に避けましたが、今年は見事にヒット。
 来年以降、当日欠席になる可能性も高いので、夏コミ申し込めないってこと?
 …いや、誰か代わりの人を立てれば良いのか。売り子さん確保しておかないと。

 しかし、やっぱり夏コミ行きたかった…。
 つまんないなぁ。

 …来年以降も、夏の新刊はゲームマーケット合わせで作って行くことになりそうですね。
 

【2010/07/07 00:23】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
 1週間の出張で何度目かの青森へ。
 出張に出たおかげで、平均帰宅時間が23時半、休日出勤当たり前の地獄のスケジュールから一時的に解放されました。
 私がいなければ、上司も雑用を自分でやってくれますし(笑)。

 とりあえず、夜6時頃から二時間眠れたのがサイコーでした。
 いつも、出先から戻ってきて、残っている仕事量にげんなしている時間帯ですからね(苦笑)。

 そして、休出で全く進んでいなかった作業が少し進みました!
 今度は「TRPGを30秒でCMしてみる #3」の再編集です。
 ラジデシナはどうしたって感じですが、30秒CMはラジデシナの一部でもあるので、順番の問題だけです(笑)。


 #3は、ラジデシナの収録会場で即興で出来上がった作品で、その場で色々試しながら収録したので、いくつかのバリエーションがあります。
 
 
 バリエーションの中から良さそうなものを選んで、編集し直して作品に仕上げることになっていたのですが…ゲームマーケットの前は間に合わなくて、半分も使っていませんでした。
 そいつを今回は、もう一度吟味しなおして、もっと面白い作品に再編集しようと考えています。
 折角なので、掲載先/投稿先で、ちょっとずつバリエーション変えても面白いかなぁ…とか楽しく妄想を膨らませてるところです。


 しかし、改めて振り返ってみると、過去3作品は実はあまり正道的でないと受け止められることも多いようですね。
 30秒でまとめるために、ダイレクトにTRPGの内容を説明する気があまりなかったのですが…TRPG経験者から「未経験者はこれじゃあ興味持たないんじゃないの?」「むしろ経験者が楽しいCMなんじゃないの?」という疑問も提示されてしまっています。
 実際のところ、未経験者で興味を持ってくださった方もいるようなので、「そんなことないよ」と言ってきているのですが。
 ただ実際にTRPGプレイヤーの勧誘に使えるツールになることも目標の一つなので、「TRPG経験者が考える、これなら初心者を口説けると思う」内容の作品も、ちょっと必要なのかなぁ、と言う気がしてきました。
 #4はその方向で、割と正道っぽいのを一つ作ろうかと思っています。
 ただ正道ってのは、構造部分にギミックがしかけにくく、ディティールが大事になってしまったりするので、ギミック屋の丹川としてはちょっと不安があったりするのですよ。
 少なくとも、現時点で良いネタは何もありませんしね。
 異端的なネタなら、まだ4つぐらいストックありますよー(笑)。
 


追記を閉じる▲

【2010/07/06 01:01】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。