ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 率直に言って、何とも不思議な気分です。
 今参加している持回りキャンペーンで、参加者全員がGMできるようになりました。

 このキャンペーンは、元々単発のセッションでした。
 が、参加プレイヤーの一人が「GM持ち回りキャンペーンにしよう!」と言い出したのです。
 (そのプレイヤーって「今宵あなたと」に登場するスイレンさんなんですが)
 しかしその時点で、GMやったこと無い人もいた訳です。持ち回りって、GM未経験者にもGMやってもらうの?
 「おいおい無茶な…」
 正直、そう思いました。
 何しろ、他の人にGMやってもらうのに随分苦労して、それが元で同人作品まで作ってしまった私ですからね!
 なかなかおいそれと未経験者がGMするとは…
 ところが、そのGM未経験者が言い出したんですよ。「GMやる」って。
 まさか!?
 
 この卓には、面白い特徴があります。
 それは、参加者の大半が「ペアGM経験者」であるということです。
 全員がGMできるようになった今では、7人中6人がペアGM経験者です。

 そのペアGM経験者のうち、私を除く5人は、ペアGMでGMデビューしたり(3人)、シナリオ自作デビューをしました(2人)。

 全員がこのキャンペーンでGM(自作)デビューした訳ではありませんが、逆にそれも良かったようです。
 つまり、持ち回りの話が出た時点で、ペアGM経験者は「ペアGMすれば未経験者でもGMできるでしょ」と思って賛成したし、GM未経験者もペアGMした人を見て「ペアGMだったら、自分もやれるかな」と思ったのです。
 身近にGMの敷居が下がった実例を見たことで、他の人にもGMやってみようと言う気持ちを引き起こす――ペアGMによる正の循環と言えるものが発生した訳です。

 そして、いざGMをやってみると…未経験組は初GM・初自作と思えないレベルのシナリオを完成させ、楽しいセッションとなりました。
 もちろん、サブGMとして経験者が協力しているのですが、経験者側には「まあ、初GMだし、このくらいできれば良いかな」という妥協があったんです(笑)。ところが、そのラインを上回るアイディアを思いついてきて、シナリオが想定以上にレベルアップしたんですね。
 特に、元々本人もGMに興味がなかったし、周りもGM向きと認識していなかった人が。想像以上に良いシナリオとマスタリングで、よりGM経験の多いプレイヤーを「オレより上手いかもしれん…」と唸らせたのは、話として出来すぎでした(笑)。


 もちろん、全員がGMできる卓・サークルの成立条件に、ペアGMが必須と言うことはありません。
 そもそも以前語ったように、私が最初にTRPGを始めたサークルが全員GMできました(もちろんソロデビュー)。
 なので私は「GM始めるなんて簡単だよ」とかつて思っていて…その後に所属したサークルのGM率の低さと、なかなかGMをしてくれないメンバーに、カルチャーショックを受けたりしたのです。
 そんな訳で、「全員がGMできるサークルと言うのは、特殊条件で成立するもので、一般的には難しい」と思うようになったのです。
 その特殊条件は確定はできていませんでしたが、例えば「全員が小説を書いていた」とか、「全員が物語を作る事にこだわりがある」とか、そういう事だったりするのかな、と思っていました。
 まさか、全くそれに当てはまらない、「特に作りたい話もない」「元々GMに特に興味がない」人がいる卓で全員GMできるようになるとは、到底想像できなかった訳です。
 それも、私からすれば特に何か努力することもなく、スイレンさんの提案があっさり通って。
 本当に、不思議な気分です。


 まあ全員GMというのは強制するものでも目指すものでもないとは思います。
 ただ、目指した訳でもないのにそうなったと言う点に、ペアGMの敷居低下効果が発揮されているように思います。
 複数人GMがいれば、ペアGMでなくてもGMに挑戦する人を増やす効果はあると思います。
 ただ、GMへの敷居が低ければ、その効果、実現性がより高くなる訳ですね。
 1.01の365乗と0.99の365乗の比較なんて話がtwitterでRTされて来たりしますが…ちょっとした敷居の低さも案外馬鹿にできないものなんだなぁ、と改めて思ったりしました。

 もちろん、これが1卓の特殊な現象である可能性も否定はされません。
 ですが、他の卓の人ともペアGMした感触などから考えるに、この現象にはある程度一般性がありそうだな、と感じています。
 さすがに全ての卓で全員がGMできるようになるとは思いませんが、私が当初考えていた「ペアGMで、1卓につき1人GMが増えれば良いな」というラインより、かなり効果が期待できるんじゃないかと考え始めています。
 その期待が合っているかどうかも含めて、この先、ペアGMを続けて行くと何が起こるのか――結構ワクワクしていますよ!
 
 


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2013/12/21 12:45】 | トークRPG
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。