ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今朝の日経新聞の朝刊によりますと、TV番組の著作権を、現行の非届出・自動発生から、登録制しようという提案を、総務省が出しているそうです(NIKKEI NETの記事)。 

 今日の記事の範囲は、とりあえずTV番組に限られたことであるようです。
 しかし少し調べてみると、著作権全体について、登録制にした方が望ましいという意見もあるようです(例えば、知的所有権協会)。
 
 知的所有権協会の意見を読むと、なるほど、確かに必要な事情も理解できそうです。
 しかし問題は、その申請手続き。
 例えば、このブログの記事にも著作権が発生します。
 しかし全部の著作権を登録制にするのならば、ブログを書くたびに、私は著作権を申請しなきゃいけないと言うことになるんですか?
 毎日何万人にもなるブロガーがブログを更新して、総務省に著作権を申請…
 煩雑だし面倒だし、そもそもそんな高い負荷、総務省は対応できるのでしょうか?

 ちなみに盗作疑惑がある作家には、ネット日記からの盗作が指摘されていた記憶があります。
 ですから、ネット上の記事に著作権がなくなってしまうと、そういう事が合法になってしまうわけですね。
 ブログの著作権申請は、決して無用な権利主張ではありません。

 もっともブログの場合、プログラムで自動的に申請するサービスを、ブログサービス運営側がやってくれるかも知れませんが…コルセックのようなサイトは自分たちでやらにゃ、ならんでしょうね。


 まあ、私の書いている文章そのものは駄文が多いので、必ずしも権利を主張しなくても良いかも知れません。転載自由の作品を作る事も多いですしね(でもそれはクリエイティブ・コモンズって意識なんですけどねぇ…)。
 しかし、コルセックは外部イラストレーターさんに素敵な絵を描いてもらっています。中にはセミプロの方もいます。
 となると、少なくともイラストは著作権を申請しないといけないと思う訳です(コルセックはしなくて良いかも知れませんが)。


 何にしろ、「完全な」著作権登録制は、正直あまり喜ばしい未来が待っているとは、思えません。
 盗作が横行している現状も問題だけど、権利がある分だけマシに思えるんですよね。
 それよりも現行の無方式は維持しつつ、「登録によって、創作事実の立証が容易になる」という方式の方が助かると思うんですよね。
 まあTV番組にはTV番組なりの独自の事情があるようなので、それについては何とも言えません。だからこれは本だとかネット上の記事だとかに対する話ですが。


 ふと思ったのですが、全著作権が登録制になると、二次創作の同人誌はネットにごそっと流れそうですね。二次創作がグレーゾーンであることを知っている人は多いので、割と厚かましい人でないと申請には二の足を踏むのではないでしょうか。
 そうなると、申請していない作品には著作権が発生せず、いくら転載しようとも、ネットに流そうとも、一切合法になってしまいます。
 リプレイも、一応二次創作になるはずなんですよね。ゲームメーカーのガイドラインに従っていたとしても、グレーゾーンですから。ヴィジュアルリプレイもそう(割と痛い)。
 となると、TRPG同人サークルにも影響必至ですね。まあリプレイの場合、ネットに流して喜ばれるほど人気がある作品はあんまり無い、ってことはありますけど…

 まあうち(というか私)の場合、「とっととオリジナルシステム作って、それでヴィジュアルリプレイやれよ」という指摘は可能なのですけどね。
 そういう姿勢を過去、表明したことがあるのですから。
 …目的地に着くまで大変ですけど。



追記を閉じる▲
 
 知的所有権協会の意見を読むと、なるほど、確かに必要な事情も理解できそうです。
 しかし問題は、その申請手続き。
 例えば、このブログの記事にも著作権が発生します。
 しかし全部の著作権を登録制にするのならば、ブログを書くたびに、私は著作権を申請しなきゃいけないと言うことになるんですか?
 毎日何万人にもなるブロガーがブログを更新して、総務省に著作権を申請…
 煩雑だし面倒だし、そもそもそんな高い負荷、総務省は対応できるのでしょうか?

 ちなみに盗作疑惑がある作家には、ネット日記からの盗作が指摘されていた記憶があります。
 ですから、ネット上の記事に著作権がなくなってしまうと、そういう事が合法になってしまうわけですね。
 ブログの著作権申請は、決して無用な権利主張ではありません。

 もっともブログの場合、プログラムで自動的に申請するサービスを、ブログサービス運営側がやってくれるかも知れませんが…コルセックのようなサイトは自分たちでやらにゃ、ならんでしょうね。


 まあ、私の書いている文章そのものは駄文が多いので、必ずしも権利を主張しなくても良いかも知れません。転載自由の作品を作る事も多いですしね(でもそれはクリエイティブ・コモンズって意識なんですけどねぇ…)。
 しかし、コルセックは外部イラストレーターさんに素敵な絵を描いてもらっています。中にはセミプロの方もいます。
 となると、少なくともイラストは著作権を申請しないといけないと思う訳です(コルセックはしなくて良いかも知れませんが)。


 何にしろ、「完全な」著作権登録制は、正直あまり喜ばしい未来が待っているとは、思えません。
 盗作が横行している現状も問題だけど、権利がある分だけマシに思えるんですよね。
 それよりも現行の無方式は維持しつつ、「登録によって、創作事実の立証が容易になる」という方式の方が助かると思うんですよね。
 まあTV番組にはTV番組なりの独自の事情があるようなので、それについては何とも言えません。だからこれは本だとかネット上の記事だとかに対する話ですが。


 ふと思ったのですが、全著作権が登録制になると、二次創作の同人誌はネットにごそっと流れそうですね。二次創作がグレーゾーンであることを知っている人は多いので、割と厚かましい人でないと申請には二の足を踏むのではないでしょうか。
 そうなると、申請していない作品には著作権が発生せず、いくら転載しようとも、ネットに流そうとも、一切合法になってしまいます。
 リプレイも、一応二次創作になるはずなんですよね。ゲームメーカーのガイドラインに従っていたとしても、グレーゾーンですから。ヴィジュアルリプレイもそう(割と痛い)。
 となると、TRPG同人サークルにも影響必至ですね。まあリプレイの場合、ネットに流して喜ばれるほど人気がある作品はあんまり無い、ってことはありますけど…

 まあうち(というか私)の場合、「とっととオリジナルシステム作って、それでヴィジュアルリプレイやれよ」という指摘は可能なのですけどね。
 そういう姿勢を過去、表明したことがあるのですから。
 …目的地に着くまで大変ですけど。


【2006/09/05 23:11】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。