ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 (mixiからの転記)
 …テープ起しに使用しているテープレコーダーの、巻戻しボタンが吹き飛びました。
 隣の停止ボタンを押した瞬間、その衝撃で(?)吹き飛んだみたいです。
 実はこれが三度目。

 過去二回は接着剤でボタンを貼り付けたら直ったのですが。今回は接着剤が多すぎたらしく、ボタンと本体がくっついてしまい、ボタンが押せなくなりました(汗)。
 カッターナイフを隙間から差し込んで接着剤を切断してみたら、半分だけ押し込めるようになりました。押し込んだ後に保持されないのですが、押している間は巻戻してくれるようになりました。
 とりあえずはこれで作業続行。

 ところで、この辺でICレコーダーを買った方がいいんじゃないかと思いはじめています。
 実は既に下調べはしてあったりして(笑)。カセットテープが少しずつ入手しにくくなってきているので、「そろそろ変えるか」と思っていたんですよね。ただパソコン買ってお金がなくなってしまったので、しばらく先延ばしにしていたのです。

 8年ぐらい前ですかね、「リプレイの録音に使えるかな?」と思ってICレコーダーのスペックを調べたことがありました。
 当時の機種は2万円で2時間録音ぐらいだったのではないかと思います。当時の平均セッション時間は6時間。まだメモリースティックなんて方式にはなっておらず、記録媒体を外に運び出す手段はなし。
 つまり一回のセッションに6万円かかる(笑)。
 それで断念したことがありました。

 最近の機種は、9~72時間ぐらい録音できて(音質によって色々変わる)、MP3にできて、USBでパソコンに接続できるようになっているんですね。それで1万2千円ぐらい。
 (ちなみに機種は三洋のDIPLY TALK ICR-B181Mを予定)
 これなら申し分ないでしょう。
 HTTのリプレイなんか録音データーの受け渡しがオンラインでできて楽かも。
 5秒巻戻しとか、便利な機能もついていますし。この機能、今強烈に欲しい(笑)。

 問題はきちんと録音できるかどうかですね。
 テープレコーダーでリプレイを録音しはじめたばかりのころも、誤操作で録音できないこととか、上書き録音してしまったりとかで涙したことがありました。
 しばらくはテープでバックアップを取っておいた方が良いかも知れませんねぇ。ならば尚のこと、完全に壊れる前にICレコーダー買わないと。

 下調べしながら思ったのですが、「リプレイ書く人にお勧めのツール」なんて情報、ネットに案外落ちていないものですね。ウェブ検索かけても一件しか該当しませんでした。
 価格コムのクチコミを見ると、「講義の録音」あたりの使い道が多いみたいですね。「リプレイ書くのにお勧めかどうか」なんて書き込みなかったですよ(苦笑)。
 そこが一番知りたいところなんですが…。まあ需要としては少ない方なんでしょうね(TRPGそのものがマイナーだから・苦笑)。
 逆にそういう情報、TRPGwikiあたりでページがあってもいいんじゃないでしょうか。
 この類の情報は、新機種が出てきたり価格が落ちてきたりすると変化するものですからね。wikiで情報集約するのが向いていると思うのです。
 買ったらレポートでもこのブログに上げてみますか。まあ外部と8割方遮断されているブログなので、必要な人に情報が届くとは思えませんが(おい)。


追記を閉じる▲
 カッターナイフを隙間から差し込んで接着剤を切断してみたら、半分だけ押し込めるようになりました。押し込んだ後に保持されないのですが、押している間は巻戻してくれるようになりました。
 とりあえずはこれで作業続行。

 ところで、この辺でICレコーダーを買った方がいいんじゃないかと思いはじめています。
 実は既に下調べはしてあったりして(笑)。カセットテープが少しずつ入手しにくくなってきているので、「そろそろ変えるか」と思っていたんですよね。ただパソコン買ってお金がなくなってしまったので、しばらく先延ばしにしていたのです。

 8年ぐらい前ですかね、「リプレイの録音に使えるかな?」と思ってICレコーダーのスペックを調べたことがありました。
 当時の機種は2万円で2時間録音ぐらいだったのではないかと思います。当時の平均セッション時間は6時間。まだメモリースティックなんて方式にはなっておらず、記録媒体を外に運び出す手段はなし。
 つまり一回のセッションに6万円かかる(笑)。
 それで断念したことがありました。

 最近の機種は、9~72時間ぐらい録音できて(音質によって色々変わる)、MP3にできて、USBでパソコンに接続できるようになっているんですね。それで1万2千円ぐらい。
 (ちなみに機種は三洋のDIPLY TALK ICR-B181Mを予定)
 これなら申し分ないでしょう。
 HTTのリプレイなんか録音データーの受け渡しがオンラインでできて楽かも。
 5秒巻戻しとか、便利な機能もついていますし。この機能、今強烈に欲しい(笑)。

 問題はきちんと録音できるかどうかですね。
 テープレコーダーでリプレイを録音しはじめたばかりのころも、誤操作で録音できないこととか、上書き録音してしまったりとかで涙したことがありました。
 しばらくはテープでバックアップを取っておいた方が良いかも知れませんねぇ。ならば尚のこと、完全に壊れる前にICレコーダー買わないと。

 下調べしながら思ったのですが、「リプレイ書く人にお勧めのツール」なんて情報、ネットに案外落ちていないものですね。ウェブ検索かけても一件しか該当しませんでした。
 価格コムのクチコミを見ると、「講義の録音」あたりの使い道が多いみたいですね。「リプレイ書くのにお勧めかどうか」なんて書き込みなかったですよ(苦笑)。
 そこが一番知りたいところなんですが…。まあ需要としては少ない方なんでしょうね(TRPGそのものがマイナーだから・苦笑)。
 逆にそういう情報、TRPGwikiあたりでページがあってもいいんじゃないでしょうか。
 この類の情報は、新機種が出てきたり価格が落ちてきたりすると変化するものですからね。wikiで情報集約するのが向いていると思うのです。
 買ったらレポートでもこのブログに上げてみますか。まあ外部と8割方遮断されているブログなので、必要な人に情報が届くとは思えませんが(おい)。

【2007/04/07 22:18】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。