ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 3D以上の出目分布の話の続き。
 前回のエントリーで,ダイス数が増えてくると形が尖ってくると書きました。
 冷静に考えてみると,今回9Dまでしか計算できなかったからといって,9Dまでを念頭においてデザインを作ると,後々拡張する時に問題が発生する可能性がありますね。
 グラフが細くなりすぎて何が何だか分からなくなる恐れがあるのです。
 やはりクリティカル率発生率が9割を超える辺りまで(12Dでしたかね? 22Dでした)は計算しておいて,その辺でグラフがきちんと見える形での方法を考えるべきです。
 できれば9割9分クリティカルになるまで見たいですけど…30D超えるんじゃなかったかなぁ……

 とりあえず,急いでスクリプト案の練り直し。幸い,割と簡単にまとまりました。
 きちんと意図の通り動く事と,このスクリプトでもエラーが発生しないことを祈るばかりです。
 …「青の彼方の島」の第1話と近い症状なんですよねぇ,これ。理屈上は解決できていても,実際には解決できないかも……。


 ※07/10/15 クリティカル発生率が9割を超えるダイス数を訂正

【2007/10/09 16:09】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。