ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年もスイさんの大学の学祭に行ってきました。
 あの大学の学祭、ほんとに楽しい。コミケとはまた違った種類のオーラに満ちていて、肩のあたりにひしひしと降りてくる感じ。魂が震えます。
 今年、特に印象に残ったのはポケモンの展示と、銀河鉄道の夜をモチーフにしたタイポグラフィですかねぇ。
 せっかく美大の学祭に来ているのに、コミケちっくなものをどうして見る必要があるんだろう…という思いが凄くあり、ポケモン展示に行くのは気乗り薄でした。だいたいポケモン、良く知らないし(苦笑)。ただスイさんが出展しているから、外す訳にはいかなかったのですね。
 しかし、行ってみてびっくりしました。
 確かにモチーフは151匹のポケモン達なのですが…一匹一匹それぞれの表現者が、趣向を凝らした表現をしているのです。
 ふわふわの羽毛の中に、同じく羽毛でできたポケモンが気持ち良さそうに寝ていたり。
 くらげ系のポケモンは、透明なアクリルやビニールを組み合わせて作られたものが天井からぶらさがっていたり。
 クラブが中空から全体重を乗せた一撃を岩に叩き込んだ瞬間の、躍動感溢れる彫刻があったり。
 どろっとしとたポケモンは、どろりとした感触そのままに石膏を流して作られていたり。
 小さく作られたコイキングの群れは、枠内のみならず枠外の壁を自由に泳いでいたり。
 あるいはアニメーションだったり、絵本だったり、スタンプだったり、パズルだったり、螺子やバネの寄せ集めだったり、ヘクスと線を描いたボードの組み合わせによる抽象的な表現だったりします。中には何故か「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉の親父と合体してたような妙なものもありましたけど(笑)。
 おそらく50人を超える人たちが集まって一体一体作っていたようですが、その表現の多彩さ、一つ一つの作品の懲りように、思わず時を忘れて魅入ってしまいました。
 (ああいうプロジェクトのプロジェクトリーダーをできる人ってのも凄いなぁ…と別の意味でも感心してしまいましたが)
 銀河鉄道の夜のタイポグラフィは、ポスターを見て気になっていました。
 タイポグラフィというのは、文字の配置や構成で、美術的な表現をすること…のようです(厳密には違うかも)。
 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の小説の文章を30に分けて、それぞれのシーンをタイポグラフィで表現する…という作品でした。
 ポスターは、黒字に白文字が縦横に配置されている…デザインとしては割と良くみる、ありふれたような気もするものでしたが、白文字が星のようにも見え、妙に気に入ったのですね。

 しかし中に入ってみると、いやこれも面白い表現が色々とありましたね。
 「学校の授業で宇宙を説明するシーン」は、文章が球形に配置されているのです。文章は丁度、経度の線のようです。そしてその球体のまさに中央に、「太陽」という言葉が来るようにしてあります。うまいなぁ。
 割と多かったのが、そのシーンの印象的なセリフを、大きいサイズの文字で縦横に流すように配置したもの。これはまぁ、良く見かけるものでしたかねぇ。でも文字が、背景に描かれた絵や抽象的な図形と、素敵なバランスで組みあがっているものには、「さすが」と唸ってしまいました。
 見ていて気がついたのですが、私タイポグラフィって前々から好きだったんですね。言葉も何も知らなかったのですけど、実は「仲間集」の「人面疽」のショートノベルでタイポグラフィやっていました(笑)。


 それ以外の展示でも、「1秒ごとに好き/嫌いが入れ替わる、女の子の気持ちの揺れを表現した時計」や「じめじめとして、机やテレビや食器からキノコが生えている部屋」とか、まだまだ興味深いものが沢山ありました。
 面白いものはもっともっとあったと思いますが、開催期間中に全て見るなんてとても不可能な数の展示があります。残念ですが、見れた分だけ楽しんだ、という辺りで満足して帰ることにしました。
 来年も、というかスイさんが卒業した後でも見に行きたいものですね。

 …にしても。
 どうでも良いのですが、同道した他の連中は本当に楽しかったのかしらん?(笑)
 カズヲ夫妻あたりは楽しんでいたんじゃないかと思うのだけれども、どうも途中で飽きている人がちらほらいたような(苦笑)。
 ま、そういう人を完全に無視して、心行くまで私は楽しんでいたのですけれどもね(笑)。
 (最近は見れていないけど、NHKのデジスタとか以前は良く見ていたり。アート的な何かって結構好きなのです。ひょっとするとアニメ的な何かより好きかも)


追記を閉じる▲
 銀河鉄道の夜のタイポグラフィは、ポスターを見て気になっていました。
 タイポグラフィというのは、文字の配置や構成で、美術的な表現をすること…のようです(厳密には違うかも)。
 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の小説の文章を30に分けて、それぞれのシーンをタイポグラフィで表現する…という作品でした。
 ポスターは、黒字に白文字が縦横に配置されている…デザインとしては割と良くみる、ありふれたような気もするものでしたが、白文字が星のようにも見え、妙に気に入ったのですね。

 しかし中に入ってみると、いやこれも面白い表現が色々とありましたね。
 「学校の授業で宇宙を説明するシーン」は、文章が球形に配置されているのです。文章は丁度、経度の線のようです。そしてその球体のまさに中央に、「太陽」という言葉が来るようにしてあります。うまいなぁ。
 割と多かったのが、そのシーンの印象的なセリフを、大きいサイズの文字で縦横に流すように配置したもの。これはまぁ、良く見かけるものでしたかねぇ。でも文字が、背景に描かれた絵や抽象的な図形と、素敵なバランスで組みあがっているものには、「さすが」と唸ってしまいました。
 見ていて気がついたのですが、私タイポグラフィって前々から好きだったんですね。言葉も何も知らなかったのですけど、実は「仲間集」の「人面疽」のショートノベルでタイポグラフィやっていました(笑)。


 それ以外の展示でも、「1秒ごとに好き/嫌いが入れ替わる、女の子の気持ちの揺れを表現した時計」や「じめじめとして、机やテレビや食器からキノコが生えている部屋」とか、まだまだ興味深いものが沢山ありました。
 面白いものはもっともっとあったと思いますが、開催期間中に全て見るなんてとても不可能な数の展示があります。残念ですが、見れた分だけ楽しんだ、という辺りで満足して帰ることにしました。
 来年も、というかスイさんが卒業した後でも見に行きたいものですね。

 …にしても。
 どうでも良いのですが、同道した他の連中は本当に楽しかったのかしらん?(笑)
 カズヲ夫妻あたりは楽しんでいたんじゃないかと思うのだけれども、どうも途中で飽きている人がちらほらいたような(苦笑)。
 ま、そういう人を完全に無視して、心行くまで私は楽しんでいたのですけれどもね(笑)。
 (最近は見れていないけど、NHKのデジスタとか以前は良く見ていたり。アート的な何かって結構好きなのです。ひょっとするとアニメ的な何かより好きかも)

【2007/10/28 23:50】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。