ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 現在、酷いネガティブ思考を脱し、少しずつ回復傾向の私ですが。
 たまたま、今の心境にぴったり来る本に出会いました。読んでだいぶ元気になりました。
 それが、集英社新書の“「わからない」という方法”。
 古本屋で何気なく見つけて、なんとなく逆説的なタイトルに惹かれて手に取ったのですが…ぱらぱらと読んでみると面白かったのです。購入して、一気に読破してしまいました。

 簡単に言えば、結局人生は地を這い蹲るしかない、とそれだけを言いたい本のようです。しかしその重苦しい話をだいぶ軽妙なタッチで書いていて、案外明るくあっさり読めるのが良い点ですかね。
 というわけで、その本の中から気に入った一言を。

 人はこまめに挫折する (橋本治/「わからない」という方法)


 この言葉については解説不要でしょう。読んで字の如しです(笑)。
 結局、私もこまめに挫折しているのですね。

【2006/07/27 00:35】 | 拾い物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。