ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 (mixiからの転記)

 とても面白いニュースが報じられています。
 ジャパン・ライツ・クリアランスが管理する楽曲(ミスチル、スピッツ他)を、自分で演奏や合唱した動画を合法的にYouTubeに投稿できるようになった、というニュースです。著作権料はgoogleが支払うとのこと。


 >YouTubeに初の音楽著作権包括許諾・JRC スピッツやラルクもOK
 >http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000061-zdn_n-sci



 許諾されるのは「自分で演奏した曲」に限るので、CD音源そのまま使える訳ではありませんが。(初音ミクでも良いんですよね?)
 YouTubeで公開する分には、プロの曲を自作動画に合法的に(かつおそらく無料で)使えるようになったと言う点が凄いですね。
 Milk嬢の知り合いに歌手の卵の女性がいたはずなので、彼女に椎名林檎を歌ってもらえばばっちり。次回のヴィジュアルリプレイのデモ動画はそれで(本気?)。
 JASRACも包括許諾契約の締結の準備中なようなので、BUMPofCHICKENを使える日も近いかも!?
 ZABADAKとGARNETCROWの曲の著作権はどこが管理しているんでしたっけ?

【2008/03/27 21:06】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。