ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 アンテナを見ていて我が目を疑いました。
 シルバーレインRPG専用オンセソフトが、公式サイトで公開されたそうです。

  シルバーレインRPG専用チャットソフト メガリスドライブ

 何が凄いって、日本でのオンセは今までアマチュアの独壇場。
 「Aの魔法陣」の公式サイトにオンセ用の掲示板(だったかな?)が設置されていた例はあるものの、基本的にオンセをリードしてきたのはアマだった訳です。オンセ用のツールとその導入方法の紹介、あるいはソフトの開発といったことは、全てアマチュアベースで行われてきました。
 そこにプロの側から専用ソフトが提供されたのです。
 アマが地道に活動を続けていた領域へ、プロが参入して来たのです。しかもSNEが。
 それは今までのアマチュアのオンセ活動を、あるいはプロが評価していると言うことになるのでしょうか?
 
 オンセがあるとTRPGへの参入障壁が下がります。
 本来、オフィシャルがもっと力を入れても良い部分なのですよね。
 どこか電脳空間に冷たい印象のある日本のTRPGメーカーですが、少し潮流が変わって来ているのでしょうか。(まあトミーウォーカーがリードしている部分が大きいのかも知れませんが)
 これを期にオンセ人口が一気に拡大すれば、非常にリマーカブルな事件になるのですが…シルバーレインRPGではちょっと厳しいかなぁ(苦笑)。


 思い出したのですけれども、トミーウォーカーって「無限のファンタジア」を出していたところですね。
 コミケ当日に国際展示場駅の改札にTRPGの宣伝を出す、コミケ当日にビックサイトの隣でコンベンションを開催する、など極めてユニークな広報活動が印象に残っています。
 RPGの内容そのものには大して興味が湧かないのだけれども(苦笑)、面白いことをやる会社として今後も期待できるかも知れませんね。


追記を閉じる▲
 
 オンセがあるとTRPGへの参入障壁が下がります。
 本来、オフィシャルがもっと力を入れても良い部分なのですよね。
 どこか電脳空間に冷たい印象のある日本のTRPGメーカーですが、少し潮流が変わって来ているのでしょうか。(まあトミーウォーカーがリードしている部分が大きいのかも知れませんが)
 これを期にオンセ人口が一気に拡大すれば、非常にリマーカブルな事件になるのですが…シルバーレインRPGではちょっと厳しいかなぁ(苦笑)。


 思い出したのですけれども、トミーウォーカーって「無限のファンタジア」を出していたところですね。
 コミケ当日に国際展示場駅の改札にTRPGの宣伝を出す、コミケ当日にビックサイトの隣でコンベンションを開催する、など極めてユニークな広報活動が印象に残っています。
 RPGの内容そのものには大して興味が湧かないのだけれども(苦笑)、面白いことをやる会社として今後も期待できるかも知れませんね。

【2008/06/15 01:15】 | トークRPG
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。