ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 悪食の話。苦手な人はスルーして下さい。


 昨日の晩、迂闊にも炊飯器をセットせずに眠ってしまいました。
 朝起きて「しまったな」と思いましたが、そういう時に備えてパンが常備してあるはずです。
 …ちらほら円形の緑色が見えますが。

 しばし逡巡したものの、結局食べるものが無いので、カビをこそげ落として食べることにしました。
 今のところ無事です。
 まあ田舎の祖母なんかは、よくカビを落として食べていたような気もしますが。

 カビを削りながらふと思い出したことが。
 納豆なんかが嫌いな知人複数名の「納豆だとかチーズだとか、腐りかけたものを最初に食べた奴の気が知れない」と言う言葉。
 発酵と腐敗は違う…とは言いますが、微生物が食物を分解している点では似たようなものな訳で。
 自家製ヨーグルトを作ったつもりで食中毒になる事件も、時々起こりますからね。
 最初に発酵食品を食べた人が何を考えていたのか、疑問に思うのも当然かも知れません。
 
 ただ辺見庸の「もの食う人びと」の冒頭、腐りかけた残飯を意図せず食べるという鮮烈な話を読んで以来、「ひょっとすると腐っていない食べ物を食べられる方が人類の歴史的にはレアだったりするのか?」という思いを抱くようにもなりました。(もの食う人びとには、腐りかけた食事を食べるしかない人々が、何回か出てきます)
 他に食べるものがなければ、発酵してようが腐っていようが食べるしかないのでしょう。発酵食品の歴史は、ひょっとすると類人猿だったころまで遡れたりして?(自分たちで作るようになる前に、自然発生したチーズや納豆が存在した可能性はあるでしょう。そういうものを食べていた歴史は、作るようになった歴史より古いと考えるのが合理的だと思います)

 そういえば、蝗を食べるのも似たような理由ではないでしょうかね。蝗が大量発生すると、農作物はもちろん、草だろうと服だろうと緑色のものは全て喰らい尽くしてしまうと聞きます。
 食べ物が全て蝗に食い尽くされ途方に暮れたとき、「ならば蝗を食べてしまえ」と考えたのでしょうね。
 焼き鳥だって似たようなものかも。害鳥のスズメを食べてしまえ!ってノリだったかも知れません。

 でも蛆虫の湧いたチーズを食べるのは勘弁願いたいです。外国にそういう料理があると聞きますけれども。そして大学時代の知人で食べた人がいますけれども(苦笑)。


追記を閉じる▲
 
 ただ辺見庸の「もの食う人びと」の冒頭、腐りかけた残飯を意図せず食べるという鮮烈な話を読んで以来、「ひょっとすると腐っていない食べ物を食べられる方が人類の歴史的にはレアだったりするのか?」という思いを抱くようにもなりました。(もの食う人びとには、腐りかけた食事を食べるしかない人々が、何回か出てきます)
 他に食べるものがなければ、発酵してようが腐っていようが食べるしかないのでしょう。発酵食品の歴史は、ひょっとすると類人猿だったころまで遡れたりして?(自分たちで作るようになる前に、自然発生したチーズや納豆が存在した可能性はあるでしょう。そういうものを食べていた歴史は、作るようになった歴史より古いと考えるのが合理的だと思います)

 そういえば、蝗を食べるのも似たような理由ではないでしょうかね。蝗が大量発生すると、農作物はもちろん、草だろうと服だろうと緑色のものは全て喰らい尽くしてしまうと聞きます。
 食べ物が全て蝗に食い尽くされ途方に暮れたとき、「ならば蝗を食べてしまえ」と考えたのでしょうね。
 焼き鳥だって似たようなものかも。害鳥のスズメを食べてしまえ!ってノリだったかも知れません。

 でも蛆虫の湧いたチーズを食べるのは勘弁願いたいです。外国にそういう料理があると聞きますけれども。そして大学時代の知人で食べた人がいますけれども(苦笑)。

【2008/07/12 00:21】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。