ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 やれることは全てやった! と思います。
 「青の彼方の島」第5話ウェブ版の公開準備中です。

 一度テストをしてもらって、改善点が出てきて、それを直して再テスト待ち。
 DL販売サイトにアップする有料版は、完成したウェブ版のデーターで上書きコピーすれば良いだけの状態になっていますし。
 うん、待つしかやることないですかね(笑)。


 それと、第5話ウェブ版で初めて追加されるページ(html)があるのですが、その中に外のサイトへのリンクがありまして。
 リンクフリーと謳っているサイトなのですが、一応、リンク許可のメールを入れておいた方が良いかなぁ…とメールを出してみたものの。返信が来ないですね。
 来ないですね、と言っても出してまだ一週間も経っていないのですから、返信来なくても仕方ないかも(苦笑)。
 そもそもそういうメールも面倒くさいから「リンクフリー」と言っている可能性もあって。その場合は返信来ないですよね(苦笑)。
 が、とりあえず今は待ちます。
 (…いつまで待とうかな…)

 待つぐらいしかできないというのも、久しぶりですね。
 

 前にも書いたことがありますけど、コミケにご来訪下さった方にとって、ウェブ版のアップ作業って割とどうでも良いんですよね(笑)。
 でもこの秋は、そんなどうでも良いとしか思えないことに力を注ぎます!(おい)

 「ヴィジュアルリプレイが未経験者をTRPGに誘うのに効果があるかも知れない」という説が囁かれてからもう何年も経ちます。
 実際にヴィジュアルリプレイがきっかけでTRPGを知り、実際に遊び始めた人もいらっしゃいます。
 「千の道」の時は、そんなこと全然考えないで作っていたので、TRPG未経験の方から「楽しかった」と言われて心底驚いた事がありましたが(笑)。しかし「青の彼方」は始めから未経験者を想定して作ってあります。
 そして今回、「では実際に、ヴィジュアルリプレイは未経験者を勧誘するのに、どれぐらい有効なのだろう?」という作品形態としての可能性を探ることも、構想に含まれていました。
 そもそもウェブで全編無料公開するのはそのためです。(ちなみに「ウェブで無料で公開するなら、コミケでも無料配布じゃね?」という話の順序で、無料で配っているのです)
 特にリピーターの皆様にとっては、「青の彼方の島」は夏コミでもう完成した訳ですが、私にとってはまだまだやる事が残っています。むしろ、「未知の領域でワクワクする」のはここから先かも知れません(笑)。
 このことは別のエントリーで本格的に語ろうと思っていますが、考えうる限りの最上(笑)の結果が得られれば、TRPGの新しい普及ルートが開拓できるかも知れません。
 上手く行くと良いですね。


追記を閉じる▲

 それと、第5話ウェブ版で初めて追加されるページ(html)があるのですが、その中に外のサイトへのリンクがありまして。
 リンクフリーと謳っているサイトなのですが、一応、リンク許可のメールを入れておいた方が良いかなぁ…とメールを出してみたものの。返信が来ないですね。
 来ないですね、と言っても出してまだ一週間も経っていないのですから、返信来なくても仕方ないかも(苦笑)。
 そもそもそういうメールも面倒くさいから「リンクフリー」と言っている可能性もあって。その場合は返信来ないですよね(苦笑)。
 が、とりあえず今は待ちます。
 (…いつまで待とうかな…)

 待つぐらいしかできないというのも、久しぶりですね。
 

 前にも書いたことがありますけど、コミケにご来訪下さった方にとって、ウェブ版のアップ作業って割とどうでも良いんですよね(笑)。
 でもこの秋は、そんなどうでも良いとしか思えないことに力を注ぎます!(おい)

 「ヴィジュアルリプレイが未経験者をTRPGに誘うのに効果があるかも知れない」という説が囁かれてからもう何年も経ちます。
 実際にヴィジュアルリプレイがきっかけでTRPGを知り、実際に遊び始めた人もいらっしゃいます。
 「千の道」の時は、そんなこと全然考えないで作っていたので、TRPG未経験の方から「楽しかった」と言われて心底驚いた事がありましたが(笑)。しかし「青の彼方」は始めから未経験者を想定して作ってあります。
 そして今回、「では実際に、ヴィジュアルリプレイは未経験者を勧誘するのに、どれぐらい有効なのだろう?」という作品形態としての可能性を探ることも、構想に含まれていました。
 そもそもウェブで全編無料公開するのはそのためです。(ちなみに「ウェブで無料で公開するなら、コミケでも無料配布じゃね?」という話の順序で、無料で配っているのです)
 特にリピーターの皆様にとっては、「青の彼方の島」は夏コミでもう完成した訳ですが、私にとってはまだまだやる事が残っています。むしろ、「未知の領域でワクワクする」のはここから先かも知れません(笑)。
 このことは別のエントリーで本格的に語ろうと思っていますが、考えうる限りの最上(笑)の結果が得られれば、TRPGの新しい普及ルートが開拓できるかも知れません。
 上手く行くと良いですね。

【2008/09/07 12:49】 | 天地未だ形れざるとき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。