ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 攻殻の1stシーズンを見終わったら、DVDを貸してくれた友人からマクロス・ゼロが来ました(笑)。
 マクロスって小さいころにファーストシリーズを再放送でつまみ見たぐらいで、ほとんど見てないなぁ…と思いつつ、見てみたら。
 やられました。
 まさかアニメで実写映画に引けを取らないアクションシーンを見せつけられるとは思わなかったのです。
 アニメってどうも時間も人も金も足りない中で作ることが多いから、作画が崩壊したり、少ない線・簡素化された動き…って印象が(偏見?)強いのですが。
 そんな私の認識を覆す、恐ろしい迫力。
 
 最近、CGの普及で、確かに綺麗なアニメは増えた気がします。
 攻殻も綺麗なシーン沢山ありましたしね(特にオープニング)。
 でも、基本的に私は「絵の綺麗さ」をあまり評価しない人です。画面が汚くたって、昔のアニメでもゲームでも十二分に面白いものはある。
 第一の評価点は内容、特に演出と脚本。そういう評価基準の人間です。
 まあ綺麗な絵はそれはそれで嫌いではないのですが(ポストカードを買い漁ったりしますし)、アニメやゲームなんかの場合、「綺麗だね。だから?」という反応をするのです。
 大概の綺麗な作品は、綺麗さを作品から切り離すことができるような気がしているのです。(もしくは綺麗さ以外には何もないように感じたり)

 でも、マクロス・ゼロは違いましたね。
 絵の綺麗さが、そのまま画面の迫力と一体化しているのです。
 VFのスピード感そのままに、迸るように展開していく戦闘場面。しかし背景もユニットも美しく作りこまれているので、その1コマ1コマがとてつもない迫力を持つのです。重量感のある絵が、とてつもない速度で飛び回っている。その圧倒的な支配力!

 もちろん、その「迫力と一体化した美しさ」の片輪を為しているのは、監督の卓越した演出力なのだと思います。
 画面が面白い。
 観客に、脚本がどうのとか気にさせる余裕を与えない。
 だいたい「何が良かったのか良く説明できないんだけど、とにかくサイコーだった!」という作品ってのは、演出力の勝利だったりするのです。
 伝説級のベテランの仕事って、ここまで凄いものだったのか。
 今まで知らなくて損していたんじゃないでしょうか?
 「マクロスは外さない」っていう神話があるそうですけど、それも頷ける確かな力量があると思います。


追記を閉じる▲
 
 最近、CGの普及で、確かに綺麗なアニメは増えた気がします。
 攻殻も綺麗なシーン沢山ありましたしね(特にオープニング)。
 でも、基本的に私は「絵の綺麗さ」をあまり評価しない人です。画面が汚くたって、昔のアニメでもゲームでも十二分に面白いものはある。
 第一の評価点は内容、特に演出と脚本。そういう評価基準の人間です。
 まあ綺麗な絵はそれはそれで嫌いではないのですが(ポストカードを買い漁ったりしますし)、アニメやゲームなんかの場合、「綺麗だね。だから?」という反応をするのです。
 大概の綺麗な作品は、綺麗さを作品から切り離すことができるような気がしているのです。(もしくは綺麗さ以外には何もないように感じたり)

 でも、マクロス・ゼロは違いましたね。
 絵の綺麗さが、そのまま画面の迫力と一体化しているのです。
 VFのスピード感そのままに、迸るように展開していく戦闘場面。しかし背景もユニットも美しく作りこまれているので、その1コマ1コマがとてつもない迫力を持つのです。重量感のある絵が、とてつもない速度で飛び回っている。その圧倒的な支配力!

 もちろん、その「迫力と一体化した美しさ」の片輪を為しているのは、監督の卓越した演出力なのだと思います。
 画面が面白い。
 観客に、脚本がどうのとか気にさせる余裕を与えない。
 だいたい「何が良かったのか良く説明できないんだけど、とにかくサイコーだった!」という作品ってのは、演出力の勝利だったりするのです。
 伝説級のベテランの仕事って、ここまで凄いものだったのか。
 今まで知らなくて損していたんじゃないでしょうか?
 「マクロスは外さない」っていう神話があるそうですけど、それも頷ける確かな力量があると思います。

【2009/03/31 21:30】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。