ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私はコルセックのホームページでコラムを書いていますが、書いていると一つの事柄から、2つも3つも関連する話が出てきてしまうことが、良くあります。
 この枝葉を、最初のころは丁寧に拾おうとしていたのですが、拾った先からさらに分岐を始めたりすることもザラです。そうなると話は迷走を始め、コラムとしてとても読み難いものになっていきます。

 従って最近は、話題にしたいことを最小限のサイズまで分割した上で、余分な枝葉は全部後回しにする方針でコラムを書いています。
 本当に重要な分岐は後で言及するつもりですので、それは良いのですが、小さな枝葉で「これも言っておきたいなぁ」と思うことがいくつか取り残されています。
 …多分、そういうものについては語るべきではない事なのだろうなぁ…とは思いつつ、ついつい語ってしまうのが私の性分。
 
 と言うわけで、自分の書いたコラムに自分で注釈を入れる…というとてもカッコ悪い事をするのが、この「枝葉コラム」というカテゴリです。

 ※2007/04/15 カテゴリー整理で「枝葉コラム」は無くなりました。ただこのエントリーは残しておこうかと思います。

【2005/12/31 02:20】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |

その感覚、すごくよくわかる^^
風早瑞樹
 言いたいことを文章に書く際に、切り落とされてゆく部分って、本当にすごい量があるよね。
 頭の中で渦巻いてる概念の原型は捉えどころがないものなのに、「文章」という一次元の媒体に直線的に考えを並べ、わかりやすいように順序良く論理的に整理する、ってのは……実はすごいエネルギーの要る作業で。
 その大半は「何を捨てるか」なんだな(^^;
 だけど、物を書く者ならばその原点には「今考えてることを喪いたくない」から書いて形に留めておく、という動機がかなりの部分あるわけで。
 でも書く際には取捨選択を迫られる。そして人間の記憶力は無限じゃないから書かなかった事柄は大なり小なり消えていく。
 そこに葛藤があるんだな。だからこそ君もこんなカテゴリを作ったんだろう。
 私はたまにどうしても文章化できない時「えーい、大事なことはいずれ思い出すんだから今はいい!」と放棄しますが、そのアイデアをその後拾えた例しがない(苦笑)。

参考リンク:「インターネットはカラオケボックス」by岡田斗司男『東大オタキングゼミ』
http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/multi/No2.html


確かに
山本一生
こっそりリンクが貼られているようなので、向こうで使っている本名を使って書き込もう。こっちからリンクを貼らなければ、このブログから俺のブログに来ることはあっても、その逆はあるまい。なので相互リンクは拒否します(笑

さて。本題。
俺の修士論文は、今まさに、「枝葉」を整理している段階。せっかく調べたりまとめた文章を削り取るのは苦痛だ。しかし、提出する論文には枚数制限があるのだから、仕方ない。いかに手際よくまとめるかも身につけなければならないスキルだし。ただ先生たちはそんな教育効果は考えていないのかもしれないけど。単に長い論文は面倒くさいから読みたくないというのが本音だと聞いた。
 俺は、たまった文章は別の名前を付けたり、別のフォルダに放り込んだりして保存している。いつかどこかで使おうとか考えながら。

でも上で風早氏が言っているように、後回しにしたアイディアって、もう二度と日を見ることはないんだろうな(笑

コメントさんくす
丹川幸樹
 お二人ともコメントありがとう。
 書き手として苦労してるね、皆〈笑〉。


一言レスに唸った
風早瑞樹
思わず「おぉ」と賛嘆の呻きが洩れたよ。
複数の人間が書き込んで話題が錯綜した時、全て拾わずに決めのいい一言でレスを〆る。
なかなか出来る芸当ではない。GMのスキルか?(^^;
そして本文の「枝葉」論にループすると(笑)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
その感覚、すごくよくわかる^^
 言いたいことを文章に書く際に、切り落とされてゆく部分って、本当にすごい量があるよね。
 頭の中で渦巻いてる概念の原型は捉えどころがないものなのに、「文章」という一次元の媒体に直線的に考えを並べ、わかりやすいように順序良く論理的に整理する、ってのは……実はすごいエネルギーの要る作業で。
 その大半は「何を捨てるか」なんだな(^^;
 だけど、物を書く者ならばその原点には「今考えてることを喪いたくない」から書いて形に留めておく、という動機がかなりの部分あるわけで。
 でも書く際には取捨選択を迫られる。そして人間の記憶力は無限じゃないから書かなかった事柄は大なり小なり消えていく。
 そこに葛藤があるんだな。だからこそ君もこんなカテゴリを作ったんだろう。
 私はたまにどうしても文章化できない時「えーい、大事なことはいずれ思い出すんだから今はいい!」と放棄しますが、そのアイデアをその後拾えた例しがない(苦笑)。

参考リンク:「インターネットはカラオケボックス」by岡田斗司男『東大オタキングゼミ』
http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/multi/No2.html
2005/12/31(Sat) 15:28 | URL  | 風早瑞樹 #mooPkzBU[ 編集]
確かに
こっそりリンクが貼られているようなので、向こうで使っている本名を使って書き込もう。こっちからリンクを貼らなければ、このブログから俺のブログに来ることはあっても、その逆はあるまい。なので相互リンクは拒否します(笑

さて。本題。
俺の修士論文は、今まさに、「枝葉」を整理している段階。せっかく調べたりまとめた文章を削り取るのは苦痛だ。しかし、提出する論文には枚数制限があるのだから、仕方ない。いかに手際よくまとめるかも身につけなければならないスキルだし。ただ先生たちはそんな教育効果は考えていないのかもしれないけど。単に長い論文は面倒くさいから読みたくないというのが本音だと聞いた。
 俺は、たまった文章は別の名前を付けたり、別のフォルダに放り込んだりして保存している。いつかどこかで使おうとか考えながら。

でも上で風早氏が言っているように、後回しにしたアイディアって、もう二度と日を見ることはないんだろうな(笑
2005/12/31(Sat) 21:41 | URL  | 山本一生 #1cnIrvqk[ 編集]
コメントさんくす
 お二人ともコメントありがとう。
 書き手として苦労してるね、皆〈笑〉。
2006/01/02(Mon) 03:58 | URL  | 丹川幸樹 #kzqg5TK2[ 編集]
一言レスに唸った
思わず「おぉ」と賛嘆の呻きが洩れたよ。
複数の人間が書き込んで話題が錯綜した時、全て拾わずに決めのいい一言でレスを〆る。
なかなか出来る芸当ではない。GMのスキルか?(^^;
そして本文の「枝葉」論にループすると(笑)
2006/01/02(Mon) 12:33 | URL  | 風早瑞樹 #mooPkzBU[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。