ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 そこ、めでたくないとか言わない。
 市民、新年を祝うのは義務ですよ?

 毎年言っておりますが、どんなに酷い状況でも、いやむしろ酷い状況だからこそ、とりあえず何か理由をつけてお祝いすることが大事なのです。
 さあ、ディスプレイに向かって、飛び切りの笑顔で笑って下さい。
 今年も皆で笑いましょう。笑えない状況だからこそ笑いましょう。

 
 
 コミケが大晦日にあるせいで、どうも毎年、しんみりと一年を振り返るということが上手くできません。
 新年はやっぱり新年であり、しんみりとと言うよりは元気良く行きたいものでして。
 昨年の総括は控え目に、今年の抱負なんかを盛大に。

 昨年は、一言で言えば「お別れと再出発の年」でした。
 次回夏コミは、私はPolarBlueで独立して申込を行います。
 今後、コルセックで売り子に立つのは、落選した時ぐらいでしょう。相変わらず大事なタイミングでコルセックは落選したものですが、これあるをなんとなく予期していたのでしょうか。私の中では皆さまへのご挨拶は既に済んでいる気がしています。
 PolarBlueで申し込むための心理的障害となっていた、「アイテムが何もないかも知れない恐怖」は先日の冬コミで払拭することができました。
 なんとか新しい未来を踏み出す準備を完了できたように思います。
 今年は、昨年作った橋頭堡を元に、積極的な攻めを展開する年としたいと願っています。
 年々、元気がなくなり弱気になりつつある私ですが、その弱気さを払拭して前向きに行きたいものです。自分にはそれができるはず。

 今年の参加予定イベントですが、
 ・5月  … ゲームマーケット
 ・8月  … 夏コミ
 ・12月 … 冬コミ

 を考えています。

 まだJGCにサークル参加できるコンテンツが無いのが残念ですね。
 ラジデシナは今のところ、特定システムに依存するシナリオ素材ばかりになっていますが、依存しないものを作って、それを抽出したセレクションを持ってJGC参戦…という展開も考えてもいいかも知れません。

 できればラジデシナを5作作りたいですね。ちょっと無謀かも知れないけど、目標はひとまず高く。
 そして夏コミ目標でヴィジュアルリプレイを。
 現状を考えると、結構ハードなスケジュールなのですが。成功率50%ぐらい? それでも、無理でも挑戦してみます。

 あと、もう一つ、新しい企画が水面下で蠢いています。
 というか、ラジデシナがその企画を考えて行く途中で生まれた、スピンアウトだったんですけどね(笑)。
 ラジデシナで私は、「シナリオを作りをエンターテイメントに」というスローガンを打ち出しています。が、このスローガンはラジデシナ単独のものではなく、今後作って行くシナリオ・シナリオ作成に関るもの全てを貫くテーマです。
 ひょっとするとラジデシナだけでは実現できないかも知れませんが、今後の企画を一つずつ実現して行った後に、ラジデシナに戻ってくると、いつの間にか実現しているような、そんな気がしています。
 この新企画は、ヴィジュアルリプレイと合体できるかも知れないと思っていて、次回のヴィジュアルリプレイと統合することも視野に入れています。(技術的な課題が一つ克服できれば、可能なはず)

 私にはちょっとした野心がありまして、今の「GMが孤独にシナリオ作りをするTRPG」という姿を、向こう10年間ぐらかけて変えられたら面白いと思っています。
 それってどういう事?
 まあ既に色々と言っていることを繋げると、私の構想はバレてしまうような気がしますが(笑)。
 この野心を支えるスローガンが「シナリオ作りをエンターテイメントに」だったりします。
 アマチュアにできる事なんて本当に限られていますが、誰も思いつかないことを実験的に挑戦できるのがアマの最大の利点であり、この立場を最大限活かして作品を作って行きたいものです。


 まずは「そんなこと不可能と言わない」こと。
 大丈夫、どうせ世の中の大半のことは不可能なんです。
 だったら、盛大に不可能なことに挑戦して行きましょう。
 そのうちの一つでも成功したら、めっけもの。
 私の無謀な挑戦に、生でも良いので暖かい眼差しを頂ければ幸いです。


 では、今年もよろしくお願い致します!
 


追記を閉じる▲
 
 コミケが大晦日にあるせいで、どうも毎年、しんみりと一年を振り返るということが上手くできません。
 新年はやっぱり新年であり、しんみりとと言うよりは元気良く行きたいものでして。
 昨年の総括は控え目に、今年の抱負なんかを盛大に。

 昨年は、一言で言えば「お別れと再出発の年」でした。
 次回夏コミは、私はPolarBlueで独立して申込を行います。
 今後、コルセックで売り子に立つのは、落選した時ぐらいでしょう。相変わらず大事なタイミングでコルセックは落選したものですが、これあるをなんとなく予期していたのでしょうか。私の中では皆さまへのご挨拶は既に済んでいる気がしています。
 PolarBlueで申し込むための心理的障害となっていた、「アイテムが何もないかも知れない恐怖」は先日の冬コミで払拭することができました。
 なんとか新しい未来を踏み出す準備を完了できたように思います。
 今年は、昨年作った橋頭堡を元に、積極的な攻めを展開する年としたいと願っています。
 年々、元気がなくなり弱気になりつつある私ですが、その弱気さを払拭して前向きに行きたいものです。自分にはそれができるはず。

 今年の参加予定イベントですが、
 ・5月  … ゲームマーケット
 ・8月  … 夏コミ
 ・12月 … 冬コミ

 を考えています。

 まだJGCにサークル参加できるコンテンツが無いのが残念ですね。
 ラジデシナは今のところ、特定システムに依存するシナリオ素材ばかりになっていますが、依存しないものを作って、それを抽出したセレクションを持ってJGC参戦…という展開も考えてもいいかも知れません。

 できればラジデシナを5作作りたいですね。ちょっと無謀かも知れないけど、目標はひとまず高く。
 そして夏コミ目標でヴィジュアルリプレイを。
 現状を考えると、結構ハードなスケジュールなのですが。成功率50%ぐらい? それでも、無理でも挑戦してみます。

 あと、もう一つ、新しい企画が水面下で蠢いています。
 というか、ラジデシナがその企画を考えて行く途中で生まれた、スピンアウトだったんですけどね(笑)。
 ラジデシナで私は、「シナリオを作りをエンターテイメントに」というスローガンを打ち出しています。が、このスローガンはラジデシナ単独のものではなく、今後作って行くシナリオ・シナリオ作成に関るもの全てを貫くテーマです。
 ひょっとするとラジデシナだけでは実現できないかも知れませんが、今後の企画を一つずつ実現して行った後に、ラジデシナに戻ってくると、いつの間にか実現しているような、そんな気がしています。
 この新企画は、ヴィジュアルリプレイと合体できるかも知れないと思っていて、次回のヴィジュアルリプレイと統合することも視野に入れています。(技術的な課題が一つ克服できれば、可能なはず)

 私にはちょっとした野心がありまして、今の「GMが孤独にシナリオ作りをするTRPG」という姿を、向こう10年間ぐらかけて変えられたら面白いと思っています。
 それってどういう事?
 まあ既に色々と言っていることを繋げると、私の構想はバレてしまうような気がしますが(笑)。
 この野心を支えるスローガンが「シナリオ作りをエンターテイメントに」だったりします。
 アマチュアにできる事なんて本当に限られていますが、誰も思いつかないことを実験的に挑戦できるのがアマの最大の利点であり、この立場を最大限活かして作品を作って行きたいものです。


 まずは「そんなこと不可能と言わない」こと。
 大丈夫、どうせ世の中の大半のことは不可能なんです。
 だったら、盛大に不可能なことに挑戦して行きましょう。
 そのうちの一つでも成功したら、めっけもの。
 私の無謀な挑戦に、生でも良いので暖かい眼差しを頂ければ幸いです。


 では、今年もよろしくお願い致します!
 

【2010/01/01 01:18】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。