ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 クローズアップ現代を見ながら書いています。
 「子供は何故キレるのか?」を脳科学が解明しようとする動きがあるそうです。
 その中で、感情の抑制をつかさどる前頭前野の第46野が、人を相手にゲームをしている最中に、活発に動くのだそうです(※完全に証明された学説ではなく、実験中だと考えられます)。
 キレる子を防止するためにはコミュニケーションが大事だとは良く言われることではあるのですが、ひょっとするとかなりダイレクトな追い風が吹く可能性が出てきました。
 そう。
 「キレる子供を防ぐために、アナログゲームを!」
 
 今は凄いチャンスなのだと思いますよ。
 本当に残念なことに、TRPGには今、そういう形で宣伝できる余地がありませんが(直感性が低すぎて、理解して遊んでもらうまでのハードルが高すぎる)、ボードゲームやカードゲームにはチャンスがあると思いますよ?
 逆に今を逃したら、教育界あたりの息のかかった「エデュケーション用」のゲームが開発されて、既存のゲームメーカーが勢力を伸ばす余地がなくなってしまうかも知れませんよ?
 大学教授なんかと提携して「このゲームは子供の情緒を育てるのに役立つ」というお墨付きをもらって、売り込みにいく。ピクショナリーなどなら、誰でも遊べそうで良いんじゃないですかね?
 どうでしょう?


追記を閉じる▲
 
 今は凄いチャンスなのだと思いますよ。
 本当に残念なことに、TRPGには今、そういう形で宣伝できる余地がありませんが(直感性が低すぎて、理解して遊んでもらうまでのハードルが高すぎる)、ボードゲームやカードゲームにはチャンスがあると思いますよ?
 逆に今を逃したら、教育界あたりの息のかかった「エデュケーション用」のゲームが開発されて、既存のゲームメーカーが勢力を伸ばす余地がなくなってしまうかも知れませんよ?
 大学教授なんかと提携して「このゲームは子供の情緒を育てるのに役立つ」というお墨付きをもらって、売り込みにいく。ピクショナリーなどなら、誰でも遊べそうで良いんじゃないですかね?
 どうでしょう?

【2006/05/10 23:30】 | トークRPG
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。