ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おや、同じこと思う人がいるものですね。

 あまおち総統エッセイ 第5話『同人リプレイ解禁を』

 全く同じ経緯で、私もJGCのサークルコーナーへの参加を断念した経験があります。
 2004年でしたか、最初のヴィジュアルリプレイを作った頃の話です。
 オリジナルシステムか汎用コンテンツか、あるいは著作者の許諾を得てルールブックを販売しているか。そういうサークルしか、JGCのサークルコーナーには参加できないのです。
 そして私も同じように、「同人リプレイが、ルールブック売り上げに貢献できるはず」と考えていたので、悔しい思いをしたものです。


 まあTRPG同人誌の歴史を辿れば、出版社側が不信感を抱くような出来事も色々とあったもので。
 クラシックD&Dの時代、ルールブックのコピーをコミケで頒布する輩がいたとか。
 海外システムの私家翻訳本も、裁判沙汰になりかけていたと聞きますし。
 また、主にウェブでの同人リプレイで、市販シナリオのリプレイがあります(ただしこれについては、異なる動きも出てきています。長くなるので詳細は後日。書ければ)。

 そういった負の側面を考えても尚、私は「同人リプレイがTRPGゲーマーを盛り上げているはずだ」と信じています。
 例えば、私が過去作って来た同人リプレイに対して、「ガープスやりたくなった」「アリアンロッドちょっとやってみようかなぁ」といった、「プレイ意欲が刺激されました」という感想は良くもらうのです。
 遊ばれれば、ルールやサプリ、リプレイなど関連アイテムの売上に繋がって行くと考えられます。
 「我々は、メーカーや出版社の味方になれるはず」
 と考えている訳です。


 ただ、口では何とでも言える訳で。
 かつて受けた「証拠がなきゃ信用されませんよ」と言う指摘は、実にもっともです。

 証拠。
 つまり、「同人リプレイがきっかけで、これだけの人がルールブックを買いましたよ」というデーターです。
 同人リプレイがルールブックの売上に貢献している、と言う実績が示せれば、出版社に許容してもらえるかも知れません。
 
 もちろん、「その実績をどう証明するんだ?」という問題点があります。
 紙媒体の同人リプレイでは、その証明はなかなか難しいですね。

 でも、ウェブで公開されているリプレイなら方法がありますね?
 
 
 そう、皆さんが大っ嫌いな「アフィリエイト」です。
 アフィリエイトは、そのリンク経由で販売された部数を他者が記録してくれます。振り込み履歴は、銀行という第3者による証拠になります。
 手順はひどく簡単です。
 アマゾンなんかのアフィリエイトを、ウェブ同人リプレイのあとがき辺りに導入するだけです。
 「このリプレイは、新紀元社から発売されているシノビガミというゲームを遊んだ記録です。あなたもルールブックを買って、遊んでみませんか?」
 てな按配です。


 …ま、ほとんど売れなかったんですけどね(苦笑)。


 私のサークル一つで実績を叩き出す必要はないのですが、1サークル20冊ぐらいは売らないと、同人リプレイ全体の実績として主張するのは難しいでしょうねぇ。
 というのは、仮にアリアンロッドのリプレイサイトが50ぐらいあるとして、平均20冊で1000部。
 アリアンロッドの初版が1万部で、増刷1回で+2千部だとすると、10刷で3万2千部ぐらい。3%弱になります。
 ルールブックの売上部数の3%が同人リプレイ経由だったら、多少の存在感はあるだろうと、思ったのです。
 まあ、ルールブックの発行部数は公開されていないですし、リプレイサイトの数も適当なので、信頼性はほとんどない計算ですが。
 ただ目標設定というのは必要ですから。


 ちょっと惜しかったのが、うちのヴィジュアルリプレイをきっかけの一つとして、アリアンロッドを(というかTRPGを)はじめた人・興味を持った人が「いた」と言うことです。
 少人数ですけれども、確かにいました(コミケでそう話して下さった方もいましたし、掲示板にそういう事を書いていた方もいました)。
 ただ、うち「だけ」ではなかったのです。
 いくつかのリプレイサイトを回って、複数のリプレイを読んだ上で、TRPGの世界に入って行った。
 となると、ルールブックは書店で買ったかも知れませんし、アフィリエイトなしでアマゾンで買ったかも知れないのですね(TRPGを始めるきっかけの一つが私の作品だった人数より、アフィリエイトの売上部数は下でした・笑)。


 というわけで、私が2年前に目論んだ実績証明は、全然上手く行かなかったのです。

 ただ、ニコ動のアイマスリプレイで、ほぼ同じ形ができています。「ニコニコ市場」ってやつです。
 2010年10月30日現在、ニコ動全体でアリアンロッドのルールブックの販売数は27部。ソードワールド2.0は215部です。
 複数作者合同の値ですので、アリアンの27部は実績としてちょっと寂しい数字です。しかし、SW2.0の215部は大したものです。
 
 私が失敗したのが、(マイナーな)一つのサークルだけでの試行であったから、という可能性はありそうです。
 前述したように、読者側も複数サークルの同人リプレイを読んだ上で、ルールブックを購入しているようです。
 と言うことは、数十の同人リプレイサークルがアフィリエイトを導入し、かつその成果を公表したら。
 案外、いけるかも…?
 保証はありませんが、どうせタダで挑戦できるのですから、やってみるのも良いかも知れませんよ?
 

 追記:「アフィリエイトは金儲けだ」というイメージが世の中に蔓延しています。ですが、TRPGルールブックでアフィリエイトやったって、全然儲かりません。収入は3%程度です。700円の3%が20冊売れたって、420円ですよ(笑)。
 


追記を閉じる▲
 
 そう、皆さんが大っ嫌いな「アフィリエイト」です。
 アフィリエイトは、そのリンク経由で販売された部数を他者が記録してくれます。振り込み履歴は、銀行という第3者による証拠になります。
 手順はひどく簡単です。
 アマゾンなんかのアフィリエイトを、ウェブ同人リプレイのあとがき辺りに導入するだけです。
 「このリプレイは、新紀元社から発売されているシノビガミというゲームを遊んだ記録です。あなたもルールブックを買って、遊んでみませんか?」
 てな按配です。


 …ま、ほとんど売れなかったんですけどね(苦笑)。


 私のサークル一つで実績を叩き出す必要はないのですが、1サークル20冊ぐらいは売らないと、同人リプレイ全体の実績として主張するのは難しいでしょうねぇ。
 というのは、仮にアリアンロッドのリプレイサイトが50ぐらいあるとして、平均20冊で1000部。
 アリアンロッドの初版が1万部で、増刷1回で+2千部だとすると、10刷で3万2千部ぐらい。3%弱になります。
 ルールブックの売上部数の3%が同人リプレイ経由だったら、多少の存在感はあるだろうと、思ったのです。
 まあ、ルールブックの発行部数は公開されていないですし、リプレイサイトの数も適当なので、信頼性はほとんどない計算ですが。
 ただ目標設定というのは必要ですから。


 ちょっと惜しかったのが、うちのヴィジュアルリプレイをきっかけの一つとして、アリアンロッドを(というかTRPGを)はじめた人・興味を持った人が「いた」と言うことです。
 少人数ですけれども、確かにいました(コミケでそう話して下さった方もいましたし、掲示板にそういう事を書いていた方もいました)。
 ただ、うち「だけ」ではなかったのです。
 いくつかのリプレイサイトを回って、複数のリプレイを読んだ上で、TRPGの世界に入って行った。
 となると、ルールブックは書店で買ったかも知れませんし、アフィリエイトなしでアマゾンで買ったかも知れないのですね(TRPGを始めるきっかけの一つが私の作品だった人数より、アフィリエイトの売上部数は下でした・笑)。


 というわけで、私が2年前に目論んだ実績証明は、全然上手く行かなかったのです。

 ただ、ニコ動のアイマスリプレイで、ほぼ同じ形ができています。「ニコニコ市場」ってやつです。
 2010年10月30日現在、ニコ動全体でアリアンロッドのルールブックの販売数は27部。ソードワールド2.0は215部です。
 複数作者合同の値ですので、アリアンの27部は実績としてちょっと寂しい数字です。しかし、SW2.0の215部は大したものです。
 
 私が失敗したのが、(マイナーな)一つのサークルだけでの試行であったから、という可能性はありそうです。
 前述したように、読者側も複数サークルの同人リプレイを読んだ上で、ルールブックを購入しているようです。
 と言うことは、数十の同人リプレイサークルがアフィリエイトを導入し、かつその成果を公表したら。
 案外、いけるかも…?
 保証はありませんが、どうせタダで挑戦できるのですから、やってみるのも良いかも知れませんよ?
 

 追記:「アフィリエイトは金儲けだ」というイメージが世の中に蔓延しています。ですが、TRPGルールブックでアフィリエイトやったって、全然儲かりません。収入は3%程度です。700円の3%が20冊売れたって、420円ですよ(笑)。
 

【2010/10/31 19:48】 | トークRPG実験箱
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。