ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東日本大震災で被災された皆様に、衷心よりお見舞い申し上げます。
 私および家族、友人は全員無事でしたが、親戚が福島の相馬にて津波に遭いました。
 幸いにして命に別状はないとのことでしたが、避難所暮らしに難儀しているのではないかと皆で心配している所です。

 さて、当ブログのタイトルの関係上、「哀心」「衷心」という言葉の意味を調べてここに辿り着く方が多くいらっしゃいます。
 過去に解説を書きましたので、詳しくは「哀心の意味」というエントリーをご覧下さい。

 今のところ、義捐金、節電協力程度しかできることがありませんが、微かでもご協力となれば幸いです。
 また、無事に生き残った我々は、過度に暗くならないよう、無理にでも笑顔を作って生活して生きましょう。
 「不幸せな時ほど、作り笑いでいいから笑え。笑うことで、事態は少しずつ良くなるものだ」とは私の親の教えです。
 泣くことを止める必要はありませんが、涙が止まったら、作り笑いを皆でしましょう。
 

【2011/03/15 21:55】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。