ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 別にネットを散歩というほど歩き回っている訳ではないのですが。
 ときどき、ポツポツと他サイトさんを覗いて。
 …まあそうすると、FEARゲームを楽しそうに遊んでいらっしゃる方は沢山いるわけです。
 「ああ、楽しそうだなぁ。いいなぁ」と思うのですが。
 でもやっぱり分からないわけですよ、例の「はんどあうと」と言う奴が。
 あれを使ってどうしてみんな、あんなに楽しそうに遊べるのか分からない。
 メタゲームでストーリー志向やって、どうして楽しいのか分からない。
 …それについては一度、全部結論出して、「それもあり」となったハズなんですが、改めて考え見ると全く分からなくなってしまうのです。
 
 まあ、私は「主観主義」を標榜している訳で、メタゲーム的ストーリー志向は考え方としては「客観主義」に近いでしょう。
 私が色々と苦しんだ末に、「これだ。これならTRPGでストーリーを楽しめる。これがTRPGの持つ、小説や漫画や映画や演劇に対する優位性だ」と確信した結論と、正反対なことをやって、それで皆楽しいと言う。そのことが素直に受け入れられないと言う点は、確かにあるでしょう。
 もっともメタゲームにだって主観性はあるので(ゲームになった時点で須らく主観性は有される)、その強弱の問題ではあるのですが……

 …つまり要するにアレですね、私は主観主義を信じることにしたのですから、その道を行けば良いのです。
 ただ、違うやり方をしている人が上手く行っているっぽいので、自分のやり方が正しいのか、ふと自信がなくなるわけです。主観主義と行ったって、まだ確固たる形を作れている訳でもありませんし、そのあたりが「揺らぎやすい」原因となっているのでしょう。
 他の方が楽しいならそれはそれで良いです。
 別に演劇だって小説だって映画だって漫画だって楽しい。それは否定する余地がありません。
 どちらかと言えばそういったものに寄った立場のものが楽しくなるのも道理と言えば道理。

 ただ将来、TRPGが他の物語系娯楽と対等な存在になるためには、「TRPGでしかできないもの」が何であるのかはっきりさせる必要があり、その説明にはどうしたって「主観性」がついて回るのです(おそらく)。
 その「主観性」を際立たせておくためにも、TRPGに多様性を確保し間口を広げるためにも、主観主義的な考え方をはっきりと打ち立てる必要があるのです。
 しかし、その道は決して簡単ではないと。FEARが今の形に辿り着くまで少なからず試行錯誤したように、私もまだまだ試行錯誤が必要なのです。
 それだけのことだと。
 …書いていて落ち着きました。


追記を閉じる▲
 
 まあ、私は「主観主義」を標榜している訳で、メタゲーム的ストーリー志向は考え方としては「客観主義」に近いでしょう。
 私が色々と苦しんだ末に、「これだ。これならTRPGでストーリーを楽しめる。これがTRPGの持つ、小説や漫画や映画や演劇に対する優位性だ」と確信した結論と、正反対なことをやって、それで皆楽しいと言う。そのことが素直に受け入れられないと言う点は、確かにあるでしょう。
 もっともメタゲームにだって主観性はあるので(ゲームになった時点で須らく主観性は有される)、その強弱の問題ではあるのですが……

 …つまり要するにアレですね、私は主観主義を信じることにしたのですから、その道を行けば良いのです。
 ただ、違うやり方をしている人が上手く行っているっぽいので、自分のやり方が正しいのか、ふと自信がなくなるわけです。主観主義と行ったって、まだ確固たる形を作れている訳でもありませんし、そのあたりが「揺らぎやすい」原因となっているのでしょう。
 他の方が楽しいならそれはそれで良いです。
 別に演劇だって小説だって映画だって漫画だって楽しい。それは否定する余地がありません。
 どちらかと言えばそういったものに寄った立場のものが楽しくなるのも道理と言えば道理。

 ただ将来、TRPGが他の物語系娯楽と対等な存在になるためには、「TRPGでしかできないもの」が何であるのかはっきりさせる必要があり、その説明にはどうしたって「主観性」がついて回るのです(おそらく)。
 その「主観性」を際立たせておくためにも、TRPGに多様性を確保し間口を広げるためにも、主観主義的な考え方をはっきりと打ち立てる必要があるのです。
 しかし、その道は決して簡単ではないと。FEARが今の形に辿り着くまで少なからず試行錯誤したように、私もまだまだ試行錯誤が必要なのです。
 それだけのことだと。
 …書いていて落ち着きました。

【2006/05/15 23:09】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。