ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 前々からルナルはルーンクエストのパクリだとか、色々と指摘はあったわけですが。
 それでもまだルナルには「自分の色」ってものがあったんじゃないかなぁ。
 ロードス島RPGがガープスの影響を受けた時も、まだ苦笑して許せる範囲でしたが。

 http://www.groupsne.co.jp/products/dp/intro/index.html

 まさかKei北沢がこんなつまらないこと考えていただなんて。
 かなりショック。

 …多分、このことについてはコメントする価値すら、みんな感じていないのではないかと思います。しかし、思うところあって書かせて頂きましょう。
 
 そもそもですね、現代ファンタジィもののTRPGというのは、オフィシャルが本腰入れて手がける前から、コミケでは根強い人気があったジャンルなのです。
 その頃の現代ファンタジィは、オリジナルももちろんあったけど、「女神転生」か「改造した妖魔夜行」で代用する事が多かったみたいなんですよ。印象論ですけど。(あ、退魔戦記ってのはどうなんですかね? まああんまりサークルは多くなかった気はしますが)
 ビーストバインドが出る前に!
 ダブルクロスが出る前に!
 SNEが現代ファンタジィの主流だった時代があった!
 しかし、本人達は全くそのことに気づかなかった!
 それが今更何さ!?

 TRPG冬の時代が嘆かれた時世、私は「TRPGは売れないんじゃない。ニーズをちゃんと把握していないんだ」と思っていました。その一つの根拠がSNEが現代ファンタジィを出さない事だったのです。
 妖魔が百鬼になって人間が遊べるようになったと聞いて、「ようやくできるようになったのか」と思ったものです。
 遅い! 遅すぎる!
 それはつまり、ユーザー側の事を何も分かっちゃいない!

 しかも今出ている現代ファンタジィは、それぞれ設定が異なっている面はあるわけですよ。
 それなのに、ずぶにダブルクロスの物真似?
 真似をしてTRPGがヒットする時代は、冬の時代からこのかた、どうも一度もなかったみたいですよ?


追記を閉じる▲
 
 そもそもですね、現代ファンタジィもののTRPGというのは、オフィシャルが本腰入れて手がける前から、コミケでは根強い人気があったジャンルなのです。
 その頃の現代ファンタジィは、オリジナルももちろんあったけど、「女神転生」か「改造した妖魔夜行」で代用する事が多かったみたいなんですよ。印象論ですけど。(あ、退魔戦記ってのはどうなんですかね? まああんまりサークルは多くなかった気はしますが)
 ビーストバインドが出る前に!
 ダブルクロスが出る前に!
 SNEが現代ファンタジィの主流だった時代があった!
 しかし、本人達は全くそのことに気づかなかった!
 それが今更何さ!?

 TRPG冬の時代が嘆かれた時世、私は「TRPGは売れないんじゃない。ニーズをちゃんと把握していないんだ」と思っていました。その一つの根拠がSNEが現代ファンタジィを出さない事だったのです。
 妖魔が百鬼になって人間が遊べるようになったと聞いて、「ようやくできるようになったのか」と思ったものです。
 遅い! 遅すぎる!
 それはつまり、ユーザー側の事を何も分かっちゃいない!

 しかも今出ている現代ファンタジィは、それぞれ設定が異なっている面はあるわけですよ。
 それなのに、ずぶにダブルクロスの物真似?
 真似をしてTRPGがヒットする時代は、冬の時代からこのかた、どうも一度もなかったみたいですよ?

【2006/05/24 22:57】 | 哀心よりお悔やみ申し上げます
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。