ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 で、下の記事の続きなのですが…
 TRPG系のブログでは最近、「メタゲーム」と「ストーリー生成」が随分と流行っているみたいで。
 それも、FEARの手法についての議論ですね。

 しかし、私はFEARゲームが分からないのです!
 いや、食わず嫌いじゃないですよ。
 トーキョーN◎VAこそやったことないものの、ブレカナは初版から遊んでいましたし、セブン=フォートレス、ダブルクロスあたりも遊んだことあります。今度はサークルでアリアンロッドを始めることになりました。
 それでいて、なお。
 いや、遊べば遊ぶほど。
 FEARゲームが分からない。
 
 何故分からないのか?
 まだ原因は探っている途中ですが、一つには「メタ視点」あれがダメなのかも知れません。

 私のメタ視点に対する心情を一言で表せば、
 「お前ら、なんでそんなに冷静なんだよ!」
 に尽きます。

 「話はこの先、こういう展開をするから、ならばここでこういう行動を取っておいて…」という、そのストーリーの先読み。
 いや、先読み自体は大した問題ではありません。そのくらい誰だってします。
 しかし、一歩引いた立場からセッションを眺めているのが「耐えられない」。
 私が目指している理想のセッションは、そんな生易しいものじゃありません。
 冷静さも余裕もかなぐり捨てて、プレイヤーの感情が剥き出しになる、期せずしてそうなってしまう、そういうセッションがやりたい。
 もっと人間の素の姿を情け容赦なく曝け出させる、そういうセッションがやりたい。

 …もちろん、現実にそういう事ができているのか、といえば全然ノーです。
 足りないことがある、と言うより、足りない事しかありません。

 今のところ、ゲーム性重視ゲーマー的な立場にいる(ように他人から見られている)のは、ゲームバランスというのは、分かれば簡単にプレイヤーを追い詰めることができるからです。
 プレイヤーを追い詰める。その瞬間に見せるプレイヤーの表情が好き。それを見るためにGMやっているようなものです。
 それをストーリー的な要素でもできるように…という方向性を最近模索し出して、まだリプレイになっていないHTT第4部では、いくらか成功した回もありました。(ほうほうの体だった回もありましたが・苦笑)

 もっとも、メタ視点でゲームをしていても、そういう展開に持っていく方法があるのかも知れません。
 しかし、私はGMをやっているとき、どうしてもプレイヤーのメタ視点の発言に「背筋が寒くなる」のです。
 「しまった、何か失敗したか!?」
 どうしてもそう思ってしまいます。

 だから、メタ視点を利用しているFEARゲームは、遊んでいてどうも違和感を拭えませんし、ブログなどでメタ視点のメリットなどを読めば読むほど、違和感ばかりが増えて行くのです。
 私のメタ視点に対する理解が変なのか、それともメタ視点と私は根本的に相容れないのか?
 もちろん、100%メタ視点を振り切ったセッションなど存在しえないという点は差っぴいて考えるとして、ですよ。


追記を閉じる▲
 
 何故分からないのか?
 まだ原因は探っている途中ですが、一つには「メタ視点」あれがダメなのかも知れません。

 私のメタ視点に対する心情を一言で表せば、
 「お前ら、なんでそんなに冷静なんだよ!」
 に尽きます。

 「話はこの先、こういう展開をするから、ならばここでこういう行動を取っておいて…」という、そのストーリーの先読み。
 いや、先読み自体は大した問題ではありません。そのくらい誰だってします。
 しかし、一歩引いた立場からセッションを眺めているのが「耐えられない」。
 私が目指している理想のセッションは、そんな生易しいものじゃありません。
 冷静さも余裕もかなぐり捨てて、プレイヤーの感情が剥き出しになる、期せずしてそうなってしまう、そういうセッションがやりたい。
 もっと人間の素の姿を情け容赦なく曝け出させる、そういうセッションがやりたい。

 …もちろん、現実にそういう事ができているのか、といえば全然ノーです。
 足りないことがある、と言うより、足りない事しかありません。

 今のところ、ゲーム性重視ゲーマー的な立場にいる(ように他人から見られている)のは、ゲームバランスというのは、分かれば簡単にプレイヤーを追い詰めることができるからです。
 プレイヤーを追い詰める。その瞬間に見せるプレイヤーの表情が好き。それを見るためにGMやっているようなものです。
 それをストーリー的な要素でもできるように…という方向性を最近模索し出して、まだリプレイになっていないHTT第4部では、いくらか成功した回もありました。(ほうほうの体だった回もありましたが・苦笑)

 もっとも、メタ視点でゲームをしていても、そういう展開に持っていく方法があるのかも知れません。
 しかし、私はGMをやっているとき、どうしてもプレイヤーのメタ視点の発言に「背筋が寒くなる」のです。
 「しまった、何か失敗したか!?」
 どうしてもそう思ってしまいます。

 だから、メタ視点を利用しているFEARゲームは、遊んでいてどうも違和感を拭えませんし、ブログなどでメタ視点のメリットなどを読めば読むほど、違和感ばかりが増えて行くのです。
 私のメタ視点に対する理解が変なのか、それともメタ視点と私は根本的に相容れないのか?
 もちろん、100%メタ視点を振り切ったセッションなど存在しえないという点は差っぴいて考えるとして、ですよ。

【2006/01/15 18:08】 | トークRPG
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。