ただ見上げるより この手を伸ばしてみたくなるだけ (ポコアポコ/カヒーナムジカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「青の彼方」でも使わせて頂いた龍的交響楽様。
 少し前の更新ですが、「空駆ける船」がリニューアルされていたみたいですね。
 これが…かっこいい!
 リニューアル前の曲は、メロディラインは悪くなかったのですが、少し音が乱暴な感じがありまして。そのせいもあって「青の彼方」では使わなかったのですが。
 リニューアルでだいぶ良くなりましたね。
 もっとも根本的にmidiでは音の伸びやかさが再現できないのかも知れませんけど。

 逆にmp3版やogg版は重厚な音が憚ることなく響いて行って、広がりのあるスケール感を演出しています。
 ジンファさんの持ち味は間違いなく大河ドラマのようなスケール感にあるのでして。その実力が遺憾なく発揮されています。
 こちらは、使えたら幸せだろうと思える仕上がりになっています。
 是非聞いてみて下さい。

 龍的交響楽 音楽素材 -Field-
 (真ん中の方にあります)

 
 ところで、今回初めてoggという拡張子を知りました。
 調べてみるとライセンスフリーが売りの拡張子のようですが…mp3と聞き比べてみると、oggの方が少し音が優しい感じがします。mp3は音がちょっとささくれているような印象が。ほんの少しの差ですがね。(まあエンコーディング設定を変えたら結果が変わってしまうような差かも知れませんが)
 あと図らずも「Windows Media Player」と「Winamp」の聞き比べも実施してしまいましたが、winampの方が若干音が丁寧ですかね。
 winamp、ちょっと不安定なんですよねぇ。midiの再生時にノイズが入ることもありますし。そして重たい。その辺が嫌でMedia Playerに戻ってしまったのですが、状況によってはやっぱりwinampで聞きましょうかねぇ。


追記を閉じる▲

【2008/10/25 22:19】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
 (mixiへ転記予定)

 サークル欠食児童さんの夏コミ新刊「TRPGのある風景4」。読みました。そして泣きました。
 TRPGの同人誌読んで泣いたのは、実は初めてかも……
 いや、泣くのは多分私だけだから(笑)。

 今回はいつもの主人公のトラトラさんでなく、しっかり者の泉さん。
 泉さんがコンベンションを主宰するきっかけから一回目の開催、その後までの一部始終が収められています。
 この泉さんの、コンベンションの日が近づくにつれて降り積もって行く不安、色々な人に話を聞きまくり、時に無理矢理他の趣味に没頭したりする行動、そういう一つ一つがなんだがとても共感してしまいました。
 私はコンベンションを主宰したことがある訳ではありませんが(ミニコンならあるけど)、今まで生きてきた中で似たようなシチュエーション、似たような不安を何度か感じたことがあるのでしょうね。
 最後にコンベンションの参加者が、名刺を出して「また参加するから是非がんばって」と泉さんを励ましたシーンに目頭が熱くなり、不覚にも涙が一筋零れてしまいました。

 というわけで、いいですよ、「TRPGのある風景」。
 古い巻はもうショップ委託分しか残っていないのが残念だけど、4から読んでも十分楽しめますから。是非読んで下さい。DayDreamで入手可能らしいですし。

【2008/08/19 01:15】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
 近況:がんばってるのを見ると(たまねぎ須永 一つ上へ)

 コミケ前の忙しい時期だったので,読んだのはコミケ後だったのですが…
 たまねぎ須永さんがブログで嬉しいことを書いていて下さったんですね。ありがとうございます。
 うちの活動が誰かの励み(?)になる,ということは考えたことなかったですね。
 これで楽天で良く売れていれば綺麗にまとまるんですけどねぇ…(笑)。

 別にお礼と言う訳では全然ないのですが,たますなさん作の歌物語TG「うつつまぼろし」をご紹介致したく。
 平安時代をモチーフにしたゲームで,落ちぶれた貴族が地方へ下る途中にトラブルが起こり,それを解決しながら和歌を詠むゲーム。という感じでしょうか。
 陰陽術もなければ戦闘もない,しかし短歌ならある。このシステムコンセプトが素敵です。
 今はバリバリの戦闘シナリオを作りますが,私は昔,「戦闘ゼロのシナリオ」を目指した時代があるんですよね。それを戦闘ゼロ方針をやめたのはプレイヤーにいたく不評だったからでして(苦笑)。
 昔の夢よもう一度!…と言う訳でもありませんが,そういうのは好きなのです。
 将来ヴィジュアルリプレイを作りたい候補の中に,さりげなく紛れ込んでいます(笑)。
 ゆうやけこやけが一応の成功を見た(?)今なら,うつつまぼろしは案外時流に乗っているかも知れません(笑)。 
 まだ未完成なんですけどね。今後の進展に期待です。

 そういえば,たますなさんのサイトにリンクを全然貼っていなかったので,ブログのサイドバーから貼ってみました。
 そのうちコルセックのサイトからも貼ってもらいましょうかね。

【2007/08/28 15:26】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
 コミケ三日目で入手したもののリストでも作ろうかなぁ…と思ったり思わなかったり。リスト作るの、割と面倒なんですよね。
 とりあえず気が向いたらメモすると言うことで。

 まずは「工房こなゆき」さんの、ひのきのしおり。
 薄いひのきの板に手描き(!)で絵を書いたもの。
 私か買ったのは猫が蛍を見上げている夏の夜の風景。
 なかなか素敵な一枚です。
 ちなみにお土産用。誰に贈るかは秘密(んな大げさな)。
 写真をアップすれば良いのかも知れませんが、面倒なので省略(苦笑)。
 

【2006/08/14 22:32】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
 コルセックにお越しの皆様、ありがとうございました。
 とりあえず後援者集が半分出ていたのに、ほっとしていたり(笑)。
 半分って言っても5部ですけどねぇーー。
 今回、サイトで告知した後に全然ヒット伸びなかったので、「ひょっとして1・2部しか売れなかったりして」と思っていたりしたのです。

 今日も例によって一人で行っていたのですが、現地で水瀬氏からメール。おや。コミケ来る元気が出たんだ。
 というわけで、後半は水瀬氏と一緒に回っていました。

 それはそうと、今回は随分同人誌を買いました。17冊? 7千円ぐらい使ってしまいました。財布の紐が緩くなっていて、少し危機感がなくもなく。
 一応、内訳でも書きますか。
 
 まず、何はともあれ欲しかったサークル欠食児童さんの「TRPGのある風景2」。
 今回、欠食児童さんは落選で、知り合いのサークルに委託に出していたのですが…まさかご本人とお会いできるとは思っていませんでした。榊原さんは眼鏡美人さんなので、会えると嬉しいかも。
 …とかあまり書くとストーカーっぽくなるので、この辺でやめておきましょうか(笑)。
 で、当然のように真っ先に読みました。
 やっぱりトラトラさんって不思議な人ですね(笑)。この独特ののーんびりした雰囲気が好きです。作者の榊原さんも、トラトラさんとおんなじように、のーんびりした人なんでしょうかね。
 いろんな人のTRPG事始めを集めて、榊原さんに漫画してもらえると、面白そうだなぁ…というのは、全くのただの思いつきであります(笑)。
 ちなみにメイドさん本も購入。割と笑えないネタも多いけど、なんとか笑いました(おい)。でもメイドさんの心境ってのは色々と興味深かったですね。男(もしくは客)には気がつかない視点と言うか。色々勉強になりました(何のだ)。

 我らがライバル(笑)の銀の武器製作委員会さんにも顔を出しました。なんとなく川蝉さんとはお互い褒めあう関係になっている気も。不思議なものです。
 形のあるCDが欲しかったので、ヴィジュアルリプレイのvol.2はネット委託では買わなかったんですね。読むのはこれから。
 売上はぼちぼちとのこと。ヴィジュアルリプレイが世間的に認知される日は、…まだまだ遠い。
 アプリプの新作が出ているそうです。チェックしないと。

 HTTつながりのオニオンワークスさんでは、オリジナルシステムとTRPG120%の掲載記事をまとめた本を購入。そしてちょっと立ち止まってだべり。お邪魔しました(笑)。
 須永さんの不思議なムードも、結構味があって良いですよね(何の話?)。

 尚歯会さんにはいつも通り挨拶。私のこと覚えていらっしゃるのかどうか、実のところ全く自信はないのですが、隣になって以来厚かましく毎回挨拶(笑)。
 ガープスの同人誌を作るのが次で最後なのに…と思うと、だいぶ上っ面な事をしているのですが……。でも一つの目標としているサークルさんであることでもありますし。

 ZooTechniaclScienceというサークルさんには、スチームパンクっぽい綺麗な絵に惹かれて立ち止まりました。下敷きは良い買物でした。あと厚紙にプリントしたペーパーが面白い。いいですよねぇ、こういうの。
 そしてなぜか、「ベタ」という魚の飼い方の冊子も購入。割と面白かったですが。色も綺麗だし、一瞬だけ飼ってみようかと思っていましまいた(笑)。
 10年同人誌活動を続けているそうです。コルセックの二倍。10年続けられたら良いなぁ…。

 ごちゃごちゃ文句を言いつつも、Aマホのファンブックを委託コーナーで購入。買わなきゃ良いのにと思いながら(苦笑)。
 読んで見て思いましたが、やっぱり芝村先生の理屈そのものは嫌いではないのですね。というか納得できる。でも出来上がったものに共感できない。
 なんでしょうね、この感覚は? やっぱりそれが脚本劇か即興劇かの違いなんでしょうか。
 
 豪傑男爵STAY GOLDの合体サークルで、人間関係整理シートを購入。
 別にシートでなくても良くない…と思うには思いましたが、なんとなく面白がって買いました。冷静に考え直してみると、「ちょっとした進化」が世界を変える元になることもある訳で。あまり甘く見ないできっちり試してみても良いかも。
 でも何より「いいなぁ」と思ったのは、無料配布のトートバック。
 コルセックは利益をあまり出さない方針で、安値を同人誌につけているのですが。その分、こういう「サービス」的なところで遊べないんですよね。多少利益があれば、ちょっとお金のかかる無料配布もできる訳で。それを考えると、安値方針も良し悪しですよねぇ…。
 もっともサービス前提で100円値上げすることが買い手に喜ばれるかどうかは…まあ別ですけども。
 (とかいいつつ、実はサービス品を計画中だったりもしますが)

 あと購入したのは資料系が随分。
 StreetMasterDragonさん。「音楽」とか言う本を見て、何の疑いの余地なく「シナリオ作りに使える!」と直感したのは、多分普通じゃない(笑)。でも私の中では、間違いなく音楽の知識はそのままシナリオ作りに役に立つのです。
 曲の中身について、もうちょっと解説があると嬉しかったですね。

 梅雨入宣言の架空の村の人々は、割とあると便利そうな資料。似たサプリメントが、特定のシステムで出ていることがあるにはありますが、そのシステム遊んでないと買う気にならないものでして。そういう点では、良い同人誌に見えて、購入しました。

 あまり読まないことが分かってしまっているリプレイは2冊。HTTのリプレイは良いとして、あとは興味のあるトーグ(でも微妙に繋がりのあるサークルさんのとこ)を買いました。トーグは再版されるとか言いますし。
 あとはトラベラーの自作サプリ。KTOCさんのいつも。


 割とお金を使いましたが、買って後悔するようなものは、そんなにないですね。もうちょっと中身を確認してから買えば良かった気もするのですが、結果的には損はしなかったですかね。コストパフォーマンスはともかく、どれも役に立ちそう。
 …にしても購入物を列記すると、長いですねぇ(笑)。


追記を閉じる▲

【2006/08/12 01:36】 | 素敵なモノ、見つけました
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。